赤外線診断の専門家 : 野方 実
専門分野:赤外線診断 不動産取引
新築の断熱材施工不良の発見例
写真:新築の断熱材施工不良の発見例
赤外線建物診断技能師:野方 実
非破壊検査実績:2,000件以上
取得資格
・赤外線建物診断技能士
・宅地建物取引士
・二級電磁波測定士
・木造住宅耐震診断士
・既存住宅アドバイザー
・ファイナンシャルプランナー
コメント
欠陥住宅の施工不良の大部分は、一見すると解らない問題がほとんどです。

断熱材、雨水侵入、壁内部のビス間隔の手抜工事などの施工不良は、非破壊検査でなければ発見できません。

非破壊検査とは、赤外線、金属探知機などの機器を使用する建物を傷つけない検査方法です。