住宅ローン審査 に落ちる原因

住宅ローン審査 に落ちる原因についてまとめました。
住宅ローン審査に落ちる原因は、さまざまです。
該当事項があれば、予め対応することにより住宅ローン審査で承認を得られる可能性を引き上げることが出来ます。

下記24項目のうち
2つ以上該当すると、住宅ローン審査では不利になりますので注意が必要です。
※クリック/タップで解説にリンクします
上記24項目で1つでも該当する場合は、住宅ローン事前審査を申込みする段階で、金融機関へ詳細説明をする必要があります。

  • 何も説明しないと住宅ローン審査では不利になる可能性があります。
  • 返済比率が審査基準ギリギリの場合では、金融機関側から「今回は、総合的な判断でお受け出来ません。」と否決の結果になる可能性があります。
  • 金融機関に否決理由を尋ねても「総合的な判断で・・・」と明確な理由を教えて頂けません。
  • 否決の理由が分からないと住宅ローン審査結果を覆すことは困難です。
逆に、上記24項目に該当事項があれば、予め対策をしてから住宅ローン審査を申込みする事により「承認」を得られる可能性が高くなります。

住宅ローン事前審査シミュレーションで診断すると該当項目の対策も分かりますので、是非ご利用ください。

お気軽にお問い合わせください。0120-56-1462受付時間 9:30-19:00 [ 定休:水曜日]

お取扱い無料判定
フォーム

 

AI 住宅ローン 審査 シミュレーション

住宅ローン審査では、
審査が通りやすい銀行通りにくい銀行がある

住宅ローン審査では、個人信用情報、年収、頭金、勤続年数、派遣社員、産休育休中など個々の事情により、審査通りやすい銀行と通りにくい銀行があります。
ゼロシステムズでは、銀行ごとに異なる住宅ローン審査基準をスコア化しました。
どの銀行なら住宅ローン審査が通りやすいかをAIシミュレーションで簡単判定きます

 

住宅ローン審査の基礎知識

住宅ローン審査に強い
最も住宅ローン審査が通り易い銀行を選定してご提案します。

頭金0円・諸費用ローン

諸費用ローン
頭金0円で諸費用も住宅ローンに組込む注意点とポイント

事前審査のタイミング

住宅ローン事前審査
住宅ローン事前審査のタイミングについて解説しています。

個人信用情報について

個人信用情報
審査に影響する既存借入や延滞について解説しています。