勤続年数1年未満

勤続年数 1年

勤続1年未満であっても融資申込は出来る

住宅ローン審査では、 勤続年数が 1年未満であっても融資申込が出来る金融機関が増えてきました。
例えば、フラット35、みずほ銀行などでは、勤続1年未満でも住宅ローン審査申込資格が御座います。

見込年収は、予想年収ではなく実績で計算されます。
実績による見込年収の計算方法は、支払済みの給与を勤続月数で割った『割戻し年収』となります。
従って、予想していた金額よりも、年収が少なくなり、返済比率が審査基準ギリギリの場合は、住宅ローン審査結果が減額になる可能性がありますので注意が必要です。

割戻し計算の例
転職後6ヶ月の場合
1ヶ月目 ・・・ 15万円
2ヶ月目 ・・・ 35万円
3ヶ月目 ・・・ 35万円
4ヶ月目 ・・・ 35万円
5ヶ月目 ・・・ 35万円
6ヶ月目 ・・・ 35万円
給与合計 ・・・ 190万円

190万円÷6ヶ月=31.66万円
31.66万円×12ヶ月=見込年収380万円

 

 

住宅ローン関連コンテンツ

有利な条件で 住宅ローン を組みたい


各銀行の最新の 住宅ローン金利 や優遇金利 ついてご紹介しています。

変動金利と固定金利どっち がいいか?住宅ローン金利の選び方と注意点。変動金利と固定金利のメリットとデメリットについてご紹介しています。

みずほ銀行 や 三菱UFJ銀行 の 保証料型 と ローン取扱手数料型 の 住宅ローン の違いと選び方についてご紹介しています。

国家公務員、地方公務員、防衛相(自衛隊)警視庁の人は、共済組合の住宅貸付制度や警信の住宅ローンなど有利な資金計画をご紹介しています。

住宅ローンの基礎知識

頭金0円や諸費用も含めて住宅ローンを組む場合のコツと注意点についてご紹介しています。

住宅ローン事前審査 を申込みするタイミングや注意点についてご紹介しています。

勤続年数、産休育休、自営業者、会社員ごとで異なる必要書類についてご紹介しています。

住宅ローン審査 が心配

返済比率、勤続年数、年収、産休育休の取り扱いなど各銀行の 住宅ローン審査基準 について紹介しています。

住宅ローン審査 に落ちる理由、審査が通りやすい 銀行選びのコツなど 住宅ローン審査 に関する基礎知識をご紹介しています。

ショッピングローンや携帯電話(スマホ)などの分割払いや延滞など個人信用情報と住宅ローンの関係についてご紹介しています。

どの銀行なら住宅ローン審査が通りやすいかを AIシミュレーションで簡単判定きます。