赤外線サーモグラフィーで住宅診断 ~ 薄い色と濃い色では外壁表面温度が13℃以上の違いがある

赤外線サーモグラフィーで外壁を住宅診断

建売住宅の外壁を赤外線サーモグラフィーを使用して観察

濃い色は薄い色よりも表面温度が13.7度も高くなる

本日の外気温30℃

外壁が薄い色の部分

外壁が白色の部分は、39.6℃

外壁が濃い色の部分

外壁が黒色の部分は、53.3℃

外壁の色により表面温度が違いますね。


新築一戸建ての 住宅診断 ・ 建物診断 ・ 耐震診断



著書の紹介

こんな建売住宅は買うな
著書:『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎