お取扱いできない物件とは?

ゼロシステムズで、お取扱いできない物件

不動産トラブルを防ぐことが第一

ゼロシステムズは、通常の不動産仲介会社と違い、住宅診断を実施して欠陥住宅や問題がある物件を引き渡さないこと第一に考えています。
出来るだけ多くのお客様にゼロシステムズの仲介手数料無料サービスをご利用いただきたいと考えておおりますが、下記の場合は、ゼロシステムズをご利用いただけませんのでご了承ください。

1.売主側で住宅診断を拒絶される物件
2.旧耐震基準の中古物件
3.居住中の中古物件
4.不動産業者間ネットワークに掲載されていな物件
5.売主側に不動産仲介会社が存在する物件

1.売主側で住宅診断を拒絶される物件

ゼロシステムズは、専門家が住宅診断を無料で実施して、欠陥住宅や問題点がある物件を引き渡さないことを第一に考えています。
従って、売主側に住宅診断を拒絶されますと、欠陥住宅を引き渡す可能性が発生してしまいます。
このような場合は、ゼロシステムズでは、原則お取扱いできませんのでご了承ください。

2.旧耐震基準の中古物件

昭和57年以前に建築された旧耐震基準の物件で耐震改修工事を行っていない中古物件は、現代では既存不適格の建築物となります。

ゼロシステムズは、欠陥住宅や問題点がある物件を引き渡さないことを第一に考えています。
このような場合も、ゼロシステムズでは、原則お取扱いできませんのでご了承ください。

3.居住中の中古物件

居住中の物件は、家具家電などの家財道具が建物内に残置されています。
家財道具が建物内に残置されている物件の場合、専門家の住宅診断であっても完璧に欠陥を発見することが難しくなります。

ゼロシステムズは、欠陥住宅や問題点がある物件を引き渡さないことを第一に考えています。
このような場合も、ゼロシステムズでは、原則お取扱いできませんのでご了承ください。

4.不動産業者間ネットワークに掲載されていな物件

不動産情報検索サイト(SUUMOやYahoo不動産など)に広告掲載されている物件であっても、不動産業者間ネットワーク(レインズ)に掲載されていない物件の場合は、既に成約済みの場合があります。

成約済みの物件は、お取扱いすることが出来ません。
不動産業者間ネットワーク(レインズ)に掲載されていない物件についての詳細は、 レインズに掲載されてない物件とは? をご参照ください。

5.売主側に不動産仲介会社が存在する物件

売主側に不動産仲介会社が存在する物件では、成約すると、その不動産仲介会社が売主側より仲介手数料を受領してしまいます。
この場合は、ゼロシステムズが買主側から仲介手数料を受領しない(仲介手数料無料)でお取引きすることは出来ません。
売主側の不動産仲介会社が存在している物件の場合は、ゼロシステムズでは原則お取扱いできませんのでご了承ください。


新築一戸建ての仲介なら
ゼロシステムズにお任せください

仲介手数料と住宅診断が無料
↑ ゼロシステムズについて詳しく知りたい ↑

仲介手数料無料 + 住宅診断も無料で購入

ゼロシステムズなら新築一戸建てが
仲介手数料が最大無料+専門家による住宅診断も無料で購入できます!
気になる物件を、安心お得に購入するなら、仲介はゼロシステムズにお任せください!