水害ハザードマップの解説ページ作成

水害ハザードマップの見方や注意点について解説したページを作成しました。
ゼロシステムズで建物診断など欠陥検査を実施する時には、ハザードマップだけでなく各市区町村の防災を管轄する部署に直接出向き、過去の災害履歴の調査も行います。

近年の異常気象による集中豪雨の増加により、道路冠水の発生確率も高くなり、各市区町村ではハザードマップ策定基準を厳しい方向に見直しています。
そのため、購入を検討している物件がハザードマップの浸水想定エリア内に指定されていることも珍しくありません。

そこで、ハザードマップの浸水想定エリア内に物件が該当している場合の判断の目安や注意点、対応方法などについて解説してみました。
これから住宅の購入を検討している方は、一度、ご覧ください。