住宅ローン「勤続年数」について

こんにちは。ゼロシステムズで業務を担当しております小林と申します。
本日は、住宅ローンの審査基準の一つである「勤続年数」についてお話させて頂きます。

住宅ローンをお借入れするために必要な「勤続年数」については、
「規定なし」から「3年以上」まで、金融機関によって様々に設定されております。
当社ホームページの「住宅ローン」の項目に、各金融機関の詳細を記載しておりますのでご確認ください。

この勤続年数の規定のために、ご利用したい金融機関を候補から外してしまった方や、事前審査でお断りされてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

金融機関の規定で御座いますので、それ自体を変えることは出来ませんが、以下に該当する方でしたら、ご自身の勤続年数の方を変えることが出来るかもしれません。

・グループ会社に転職・転籍された方
・キャリアアップのために同業他社に転職された方
・契約社員・アルバイトから正社員に採用された方

上記に該当する方は、前職と通算した年数を勤続年数とみなしてもらえる場合が御座います。

履歴書キャリアアップ


ただし、事前審査の段階で、その旨をしっかりと金融機関へ申し出ることがポイントとなります。

上記に該当しない方でも、勤続年数に規定の無い「フラット35」であれば、短い勤続年数で住宅ローンをお借入れ出来る可能性があります。
弊社でも、勤続1か月(給与明細1か月分)で本承認を得ることが出来た例が御座いました。

住宅ローンでお悩みの方は、ぜひゼロシステムズへお問い合わせください。

新築一戸建ての仲介なら
ゼロシステムズにお任せください

仲介手数料と住宅診断が無料

仲介手数料無料 + 住宅診断も無料で購入

ゼロシステムズなら新築一戸建てが
仲介手数料が最大無料+専門家による住宅診断も無料で購入できます!
気になる物件を、安心お得に購入するなら、仲介はゼロシステムズにお任せください!