住宅ローンで承認!承認事例のご紹介

住宅ローン専門担当のファイナンシャルプランナー小林です。

以前に他の不動産会社でフラット35の住宅ローン審査を申込みして「否決」となったお客様からご相談を受けてました。

今回、ゼロシステムズをご利用いただき無事に住宅ローン審査で「承認」を取得できましたので、住宅ローン承認事例としてご紹介させて頂きます。

住宅ローン承認事例

購入物件:新築(建売住宅)

物件価格:2,000万円

借入金額:2,100万円(諸費用100万円込み)

頭金:30万円

年齢:20代

ご主人様の年収:300万円(正社員)

奥様の年収:80万円(パート)

収入合算年収:合計380万円

ご主人様の勤続年数:9か月

奥様の勤続年数:8ヶ月

既存借入:自動車ローン50万円

承認を取得できた住宅ローンの種類

→フラット35S Aプラン

承認のポイント

ゼロシステムズを利用して仲介手数料無料などで諸費用を圧縮して借入金額を減らすことにより返済比率等の申込条件を改善し、以前否決された金融機関と変更して再度フラット35の住宅ローン審査を申し込みしました。

審査基準ギリギリの場合は出来る限り諸費用を少なくして借入金額を減らすことで返済比率が改善されますので住宅ローン審査で承認を得られる可能性を高めることができます。

住宅ローン審査でご不安なことが御座いましたら事前にご相談を承りますのでお気軽にご相談ください。

 

住宅ローンについて詳しく知りたい

住宅ローンの基礎知識

頭金0円や諸費用も含めて住宅ローンを組む場合のコツと注意点について

事前審査の申込みをするタイミングや注意点について

審査に必要な書類は 勤続年数/産休育休/自営業者/会社員ごとで異なります


有利な条件でローンを組みたい

住宅ローンの基礎知識

各銀行の最新の住宅ローン金利と優遇金利

変動金利と固定金利のメリットとデメリット

保証料型とローン取扱手数料型の違いと選び方

国家公務員/地方公務員/防衛省(自衛隊)/警視庁の方に有利な資金計画をご紹介


住宅ローン審査に通るか不安

住宅ローン審査の対策

返済比率/勤続年数/年収/産休育休の取り扱いなど各銀行の住宅ローン審査基準

住宅ローン審査に落ちる理由/審査が通りやすい銀行選びのコツなど

ショッピングローンやスマホなどの分割払いや延滞など、個人信用情報と住宅ローンの関係

審査が通りやすい銀行を【AI 住宅ローン審査シミュレーション】で簡単判定