中古マンションを住宅診断で欠陥を発見 ~ 鉄筋コンクリートの爆裂現象

ゼロシステムズ代表の田中勲です。

今回は、築25年を超えた中古マンション(RC造)の基礎コンクリートに欠陥を発見したのでご紹介します。

基礎コンクリートが爆裂現象を起こしていました。

爆裂現象とは、コンクリートのクラック(ひび割れ)を放置していると、その部分から水分と空気が侵入して内部の鉄筋が劣化膨張してコンクリートが割れてしまう現象です。

基礎コンクリートのクラックは、早く気づいて補修をすれば問題ありませんが、放置していると、このように爆裂現象を起こし、コンクリート強度を下げてしまうので注意が必要です。

爆裂現象では中の鉄筋が露出してしまうことも珍しくありません。

早急に修繕が必要と言えます。


欠陥住宅の実例 ~基礎コンクリートと床下で発見した欠陥