住宅ローン事前審査が通って本審査で落ちるケースとは(個信 / 個人信用情報)

ゼロシステムズの田中勲です。
今回は、WEB上で申込した住宅ローン事前審査が通ったのに本審査で落ちるケースの一例についてお話します。

実は、WEBサイト上だけで簡易的に行うネット銀行系の住宅ローン仮審査と、実店舗がある金融機関の住宅ローン事前審査では、その審査内容が異なります。


WEBサイト上だけで行なうネット銀行系の仮審査では、基本的に個人信用情報を調べないで、主に、勤続年数や年収などを確認して、住宅ローン審査申込資格基準に合致しているを確認するだけの審査が多いのです。
そのため、住宅ローン仮審査では通っても、本審査で個人信用情報を確認されて、その内容次第で審査落ちになることも有り得るのです。

個人信用情報を調べていないWEB上の仮審査の特徴は、仮審査を申込すると数分以内審査結果の通知が送られてきます。

あまりにも審査結果が早い場合は、個人信用情報を調べていない住宅ローン仮審査の可能性がありますので注意が必要です。

個人信用情報と住宅ローン審査 ~ 異動や延滞情報を消す方法



住宅ローンについて詳しく知りたい

住宅ローンの基礎知識

頭金0円や諸費用も含めて住宅ローンを組む場合のコツと注意点について

事前審査の申込みをするタイミングや注意点について

審査に必要な書類は 勤続年数/産休育休/自営業者/会社員ごとで異なります



有利な条件でローンを組みたい

住宅ローンの基礎知識

各銀行の最新の住宅ローン金利と優遇金利

変動金利と固定金利のメリットとデメリット

保証料型とローン取扱手数料型の違いと選び方

国家公務員/地方公務員/防衛省(自衛隊)/警視庁の方に有利な資金計画をご紹介



住宅ローン審査に通るか不安

住宅ローン審査の対策

返済比率/勤続年数/年収/産休育休の取り扱いなど各銀行の住宅ローン審査基準

住宅ローン審査に落ちる理由/審査が通りやすい銀行選びのコツなど

ショッピングローンやスマホなどの分割払いや延滞など、個人信用情報と住宅ローンの関係

審査が通りやすい銀行を【AI 住宅ローン審査シミュレーション】で簡単判定