住宅ローン審査での「項目」と「属性」とは? ~具体例を挙げて解説します。

ゼロシステムズの田中勲です。
今回は、住宅ローンで審査される項目と属性についてお話させて頂きます。

住宅ローン審査で審査されるポイントは、主に以下の1~9の項目となります。

1.年収に対しての返済比率
2.自己資金比率
3.現在の既存借入状況
4.個人信用情報
5.雇用形態
6.勤続年数
7.勤務先の実態と信用
8.物件の担保評価
9.健康状態(団体信用生命保険)

一般に事前審査では、主に上記1~7の項目についてを審査されます。

本審査では、上記1~7の項目に加えて、上記8と9の項目についても審査されます。
金融機関では、上記1~7の内容が良い顧客の事を『属性が良い』と表現します。
逆に、上記1~7の内容が良くない顧客の事を金融機関では『属性が悪い』と表現します。

 

属性が良いとされる具体例

1.年収が多い、または、借入金額が少ないため、返済比率に余裕がある
2.物件価格の2割以上の自己資金がある
3.既存の借入がない
4.過去に延滞履歴がない
5.正社員である
6.勤続年数3年以上ある
7.一部上場企業や公務員

属性が悪いとされる具体例

1.年収が少ない、または、借入金額が多いため、返済比率に余裕がない
2.頭金が少ない、または、物件価格100%以上の融資を予定している
3.キャッシングやショッピングローンなどの既存借入がある
4.過去に延滞履歴がある
5.契約社員や派遣社員などで雇用の持続可能性が低い
6.転職直後などで勤続年数が短い
7.個人事業主、または、勤務先の規模が小さい

当然に「属性」が良ければ、スムーズに住宅ローン審査で承認を取得する事ができます。
逆に、属性が悪い場合は、住宅ローン審査の結果で否決や減額となる可能性が高くなります。

従って、住宅ローン審査でスムーズに承認を得るためには、事前審査や本審査を申込する前の段階で、予め上記の属性を良い方向に改善する為の何らかの対策を講じてから申込をする事により「承認」を取得する可能性を引き上げる事が出来ます。

 

属性を良い方向に引き上げる為の具体例

1.所得がある配偶者が居れば、収入合算をして年収をアップする。
2.頭金を増やして、借入金額を物件価格の100%未満にする
3.既存借入を完済する
4.延滞履歴がある借入を完済する
5.物件価格を下げて借入金額を減らす

例えば、転職直後で勤続年数と年収が少なく返済比率に余裕がないうえ、既存借入が複数ある場合では、住宅ローン審査において否決や減額の結果となる可能性が高くなります。
このような場合は、スマホや家電などをショッピングローンで購入していたり、キャッシングなど、おおよそ10万円未満の小さな金額の既存借入であっても、住宅ローン審査の結果に大きく影響します。

返済比率に余裕があれば、それほど審査に影響は出ませんが、返済比率に余裕がなく審査基準ギリギリの場合は、これらの既存借入が影響して否決や減額の結果になる事があります。
従って、返済比率に余裕がない場合では、比較的小さな金額であっても分割払いの既存借入を完済する事で、住宅ローン審査で「承認」を取得できる可能性を引き上げる事が出来ます。

また、勤続年数が短い場合などでは、個人の努力で勤続年数をすぐに増やす事は出来ませんが、住宅ローン審査申込基準で勤続年数を重視しない金融機関を選定するという対策を行なう事により、承認への可能性を少しでも高める事が出来ます。

このような小さな対策の積み重ねにより、住宅ローン審査で承認を得られる可能性を引き上げる事が出来ます。

参考にして頂ければ幸いで御座います。

 


仲介手数料無料になるか簡単判定

今、ご検討中の新築一戸建て
仲介手数料無料になるかもしれない

判定フォームの使い方

仲介手数料無料になるか簡単判定

物件情報URLをコピーして送信するだけで完了




※掲載URLがない物件の場合はコチラのフォームをご利用下さい。
※ニックネームや匿名でお問合せ出来ます。
※セールス的な連絡は一切ございませんので安心ください。
※お取扱い可能エリア:東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木・福島・静岡一部