丁寧な仕上がりの室内 ~ タクトホーム の 新築一戸建て 2物件を住宅診断

本日の午後も、 タクトホーム の新築一戸建て ( 座間市 ) を2物件、建物診断しました。
室内の仕上がりも丁寧な造りでした。


タクトホーム の物件-上がり框付近の丁寧な仕上げ

玄関に入って上がり框付近の仕上げを見ると大工さんの丁寧度合いが判ります。

建売住宅のアタリとハズレを見分けるポイント~付け框の納め方など


床下木部の含水率、垂直、天井裏なども確認しましたが異常はありませんでした。

やはり、いくつかの傷、汚れ、隙間の類は発見しましたが、引き渡しまでに売主側で是正可能な常識的なレベルでした。


片方の物件は、既存の擁壁がある現場でしたが、ひび割れやぐらつきもなく十分な強度が維持されていました。


ちなみに、当該物件ではありませんが、ご近所の住宅でこのような古い擁壁がありました。

ヒビの入った古い擁壁

このような古いタイプの擁壁の上に新築を建てる場合は、強度が足りなく擁壁を造り直さなければ建築許可がおりない場合がありますので注意が必要です。
(今回の物件のお話とは違いますが参考までに…)



著書の紹介

こんな建売住宅は買うな
著書:『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎