住宅ローン審査 で足を引っ張る可能性がある、既存借入を完済するタイミング

ゼロシステムズの田中勲です。
今回は、 住宅ローン審査 ( 事前審査 ) で足を引っ張る可能性がある、 既存借入を完済するタイミングと金融機関への申告について解説します。

既存借入 とは?

住宅ローン審査 で足を引っ張る可能性がある既存借入

・分割払い
・リボ払い
・残価設定ローン
などのことです。

具体的には、キャッシング、自動車ローン、ショッピングローン、携帯電話を分割購入などのことです。
翌月一括払いのクレジットカードの利用は住宅ローン審査では基本的に影響ありません。
これらの分割払いは、住宅ローン返済額と合算されて返済比率を計算して審査されますので、否決や減額の原因になります。

返済イメージ

そのため、このような既存借入は予め完済しておくと、 住宅ローン審査 では有利になります。

しかし、住宅ローン審査のために、前もって既存借入を繰上返済しても、必ずしも住宅ローン審査で「承認」を取得できるとは限りません。
せっかく完済しても住宅ローン審査の審査結果が「否決」や「減額」となり、物件を購入できない可能性もあります。
その場合、住宅を購入できないにもかかわらず、既存借入を全額繰上返済して手持資金が減ってしまうというリスクがあります。

そこで事前審査や本審査の申込時に、既存借入の詳細を金融機関に申告します。

その時に、金融機関へは、住宅ローン審査で承認を得られた場合、これらの既存借入については全額繰上返済する旨を予め伝える事により、申告した既存借入分は、返済比率に参入しないで審査してもらうという住宅ローン審査の申込方法があります。

住宅ローン審査 では、個人信用情報を確認します

金融機関の住宅ローン審査では、必ず個人信用情報の内容を確認しますので、既存借入などは隠していても発覚する事となります。

住宅ローン審査 の為、個人信用情報を調査

既存借入を金融機関に申告する際には、既存借入に関する返済表などの明細のコピーをエビデンスとして準備する必要があります。
住宅ローン審査で個人信用情報を調べると、金融機関では、既存借入額は把握できますが、月々の返済額までについては把握する事ができません。
その為、既存借入を予め申告しない、または、既存借入の返済表などの明細をエビデンスとして提出しないと、審査側の独自の計算方法で既存借入の月々の返済金額を算出されてしまい、実際よりも高い金額で返済比率を計算されてしまう可能性があります。

既存借入がある場合は、金融機関には隠さず申告しなければ、住宅ローン審査においては逆に不利になりますので注意が必要です。

個人信用情報と住宅ローン審査 ~ 個人信用情報 は、最も重要な要素


仲介手数料無料になるか簡単判定

今、ご検討中の新築一戸建て
仲介手数料無料になるかもしれない

判定フォームの使い方

仲介手数料無料になるか簡単判定

物件情報URLをコピーして送信するだけで完了




※掲載URLがない物件の場合はコチラのフォームをご利用下さい。
※ニックネームや匿名でお問合せ出来ます。
※セールス的な連絡は一切ございませんので安心ください。