立地条件や住環境が良い物件でした ~ ケイアイスター不動産とアイディホームの 新築一戸建て

ゼロシステムズ代表の田中勲です。
今朝は、ケイアイスター不動産とアイディホーム、 2件の 新築一戸建て (練馬区) を 住宅診断です。 

1:ケイアイスター不動産の新築一戸建て

1件目の内覧は、ケイアイスター不動産の新築一戸建て で、2階建てです。

お客様がいらっしゃる前に予め電磁波を測定して0ミリガウスでした。

赤外線サーモグラフィーで断熱材の施工不良が無いことも確認。

リビングが魅力的な物件でした。

床下、天井裏、石膏ボードビスピッチなどチェックしました。

小傷など数カ所発見しましたが、構造体にかかわる欠陥などなく施工精度が良い建物でした。

↑床の小傷

↑クロスのシワ

2:アイディホームの新築一戸建て

2件目の内覧は、アイディホームの新築一戸建てで、こちらは3階建です。

屋根の反りや割れも有りませんでした。 

お話が進めば3階建の屋根もチェックすることとなります。

こちらも大きな不具合などなく施工精度が良い建物でした。

なぜか?
石膏ボードのビスピッチが非常に狭い間隔で打たれておりました。

ビスピッチが広いと欠陥住宅になりますが、逆に狭い間隔でしたら、石膏ボードの取付がしっかりしているので良い施工といえます。
ただ、ちょっとオーバースペック気味に感じます。
こんな短い間隔のビスピッチの新築は初めて見ました。

どちらも立地条件や住環境が良い物件でした。

お話が進めば2回目の建物診断を実施する予定です。