ご契約前には知っておこう!売買契約~住宅ローン申込み~残金決済(お引渡し)までの流れについて

ご契約からお引渡しまで

住宅の契約と引渡しイメージ

契約してからがスタートです

不動産のお取引では、ご契約をしてからが本番がスタートなのです。
不動産を契約してから引渡しまでに要する期間は、新築の完成物件であれは、大よそ1ヶ月前後です。

この約1ヶ月の間に色々な手続きを行なわなければなりません。 契約の説明イメージ

契約からお引渡しまでのスケジュール例

  1. 売買契約
  2. 住宅ローンの本申込
  3. 住宅ローン審査本承認
  4. 表示登記申請
  5. 住民票の異動
  6. 金銭消費貸借契約
  7. 現地にて立会い検査
  8. 残金決済(引渡し)

この一連の手続きを大よそ1ヶ月間に行いますので、お客様も私達も大忙しなのです。
当然、お客様は、不動産の購入に手続きに慣れていませんから、なおさら大変ですよね。
走る社員
契約してからお引渡しまでの事務手続きについては、
私( 代表:田中 )と事務方の業務担当が、その都度メールなどでお知らせいたします。

金融機関の住宅ローン担当者とも打ち合わせし、解りやすくお客様をサポートいたしますのでご安心下さい。

ご契約後も専門家が対応します

私どもでは、宅建士などの有資格者であるだけでなく過去に2,000件以上の住宅ローンお申込み手続きの実績がある専門家でもあります。

住宅ローン、登記、事務手続きなど不動産の事なら何でもお気軽にご質問下さい。

ご契約後も私と業務の専門家がお引渡しまでのお手続きをサポートいたしますのでご安心下さい。
自信ある社員


不動産売買契約書 のチェックポイントなどを解説 ~予め理解を深めておくことで緊張や不安を解消