住宅ローン審査が厳しくなった?

家が売れるご時世は住宅ローン審査が厳しくなる

ゼロシステムズ代表の田中勲で御座います。
ここでは、時期やご時世により、住宅ローン審査が「通りやすい」や「通り難い」など違いがあるかについてのお話です。

結果から言うと、現在は、住宅ローン審査が通り難いご時世と言えます。

不動産市場が冷え込むと、住宅ローン審査を申込みする消費者が減りますので、金融機関は、少しでも貸し出し残高を上げるために、住宅ローン審査基準ギリギリの人でも、何とか通すために工夫や提案をしてくれます。
しかし、現在のように不動産市場が活発になりますと、住宅ローン審査を申込みする消費者が増えます。
そうなると、金融機関も忙しくなり、審査基準ギリギリの場合、すぐに否決(審査落ち)の結果を出す傾向があります。
また、例年2月~3月は、引越しシーズンとなり、一年の中でも最も家が売れる時期となりますので同様の傾向になります。
このようなことを、金融機関側に言っても、「そんなことはありません」と否定されますが、不動産仲介業界に永く携わっていると肌で実感します。

住宅ローン審査落ちを避けるコツ

住宅ローンの審査では、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、返済比率、既存借入、過去の延滞履歴、持病の内容、等々、さまざまな内容を見られます。
これらの顧客の内容のことを、金融機関や不動産業界では、「属性」と呼ばれています。
頭金0円や勤続年数1年未満など、住宅ローン審査基準ギリギリの可能性がある人は、予め、ご自身の属性を把握して、それ以外で内容があれば、予め改善しておくことにより、審査落ちを避けられる可能性が高くなります。
下記をご参照ください。

【住宅ローン審査に落ちる原因】~24項目のうち2つ以上該当すると不利になる

新築一戸建ての仲介なら
ゼロシステムズにお任せください

仲介手数料と住宅診断が無料

仲介手数料無料 + 住宅診断も無料で購入

ゼロシステムズなら新築一戸建てが
仲介手数料が最大無料+専門家による住宅診断も無料で購入できます!
気になる物件を、安心お得に購入するなら、仲介はゼロシステムズにお任せください!