住宅ローン審査が厳しくなった?

ゼロシステムズ代表の田中勲で御座います。
ここでは、時期やご時世により、住宅ローン審査が「通りやすい」や「通り難い」など違いがあるかについてのお話です。


家が売れるご時世は住宅ローン審査が厳しくなる

住宅ローンのイメージ

結果から言うと、現在は、住宅ローン審査が通り難いご時世と言えます。

不動産市場が冷え込むと、住宅ローン審査を申込みする消費者が減ります。
そのため、金融機関は少しでも貸し出し残高を上げるために、住宅ローン審査基準ギリギリの人でも審査を通すために、工夫や提案をしてくれます。

しかし、現在のように不動産市場が活発になりますと、住宅ローン審査を申込みする消費者が増えます。
そうなると、金融機関も忙しくなり、審査基準ギリギリの場合、すぐに否決(審査落ち)の結果を出す傾向があります。

また、例年2月~3月は、引越しシーズンとなり、一年の中でも最も家が売れる時期となりますので同様の傾向になります。
このようなことを、金融機関側に言っても、「そんなことはありません」と否定されますが、不動産仲介業界に永く携わっていると肌で実感します。

住宅ローン審査を通すコツ

住宅ローンの審査では、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、返済比率、既存借入、過去の延滞履歴、持病の内容、等々、さまざまな内容を見られます。
これらの顧客の情報を、金融機関や不動産業界では『属性』と呼んでいます。

頭金0円や勤続年数1年未満など、住宅ローン審査基準ギリギリの可能性がある人は、予め、ご自身の属性を把握して、予め改善しておくことにより、審査を通る可能性が高くなります。

審査を通すコツはこちらのページをご参照ください。

【住宅ローン審査に落ちない為のチェックリスト】~24項目のうち2つ以上該当すると不利になる

住宅ローン審査を突破するための秘訣


住宅ローンについて詳しく知りたい

住宅ローンの基礎知識

頭金0円や諸費用も含めて住宅ローンを組む場合のコツと注意点について

事前審査の申込みをするタイミングや注意点について

審査に必要な書類は 勤続年数/産休育休/自営業者/会社員ごとで異なります



有利な条件でローンを組みたい

住宅ローンの基礎知識

各銀行の最新の住宅ローン金利と優遇金利

変動金利と固定金利のメリットとデメリット

保証料型とローン取扱手数料型の違いと選び方

国家公務員/地方公務員/防衛省(自衛隊)/警視庁の方に有利な資金計画をご紹介



住宅ローン審査に通るか不安

住宅ローン審査の対策

返済比率/勤続年数/年収/産休育休の取り扱いなど各銀行の住宅ローン審査基準

住宅ローン審査に落ちる理由/審査が通りやすい銀行選びのコツなど

ショッピングローンやスマホなどの分割払いや延滞など、個人信用情報と住宅ローンの関係

審査が通りやすい銀行を【AI 住宅ローン審査シミュレーション】で簡単判定