飯田グループ等のパワービルダーと
地元業者の建物仕様の違いは?

赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。

今回は、飯田グループホールディングス(アーネストワン/タクトホーム/一建設/飯田産業/東栄住宅/アイディホーム)や、ケイアイスター不動産、三栄建築設計などを代表するパワービルダーと、
地元業者の“建物の仕様の違い”についてお話ししたいと思います。


大手パワービルダーと地元業者

コストダウンによる低価格販売

パワービルダーは、材木や設備機器、建材などをメーカーから直接大量仕入れすることによって大幅なコストダウンに繋がり低価格で建物を販売することが出来ます。

分譲住宅

また現場監督さんが1人で多くの物件を担当することや、下請け業者さんたちへ仕事を切らさずに発注することが出来るので結果的に人件費の削減にも繋がります。
そして現場作業を減らすことで工期を短縮し無駄な金利負担を抑えています。

数年前のお話しになりますがパワービルダーの建物原価は、床面積約30坪の2階建てで800万円台と聞きとても驚きました。
私の経験では同じ仕様で建てようとしても原価を1,000万円以下に落とすのは難しく、価格でパワービルダー系に対抗するのは不可能です。


差別化を図ってパワービルダーに対抗

地元業者は、パワービルダーに価格で対抗するのが不可能な為、パワービルダーよりも設備の仕様をグレードアップしたり、間取りを工夫するなどの差別化を図っている傾向があります。

一戸建て

考える家族

では具体的にどのように仕様が違うのか?
比較してみたいと思います。


具体的な仕様の違い

1.基礎・構造材・間取り

ベタ基礎
基礎は共にベタ基礎が基本で、基礎幅なども大きな違いはありません。

構造材
構造材はどちらも集成材を使用しており、柱の太さや梁成などに大きな違いも無いために耐震性もほぼ変わりはありません。

吹抜けのある間取り
間取りに関しては隣地との窓が被らないように配置したり、吹き抜けや小屋裏収納を造ったりと地元業者の方が工夫して設計をしている印象があります。

2.屋根材

屋根材
屋根材はコロニアルもしくはアスファルトシングル材が使われていることが多く違いはありません。

地元業者では以前、瓦なども使用されている時期もありましたが耐震性が弱くなってしまうこともあり現在ではほとんど使用されなくなってきました。

3.外壁材

外壁材-サイディング
パワービルダーが使用する外壁の多くがサイディングで、一般的に厚み14ミリの釘打ち施工となります。

一方、地元業者では同じサイディングであっても16ミリの金具留めを使用していることが多く、14ミリの製品よりもデザイン性が高くなります。

またサイディング工事よりも工期が掛かかるモルタル仕上げやタイルを標準仕様にして、差別化を図っている地元業者もあります。

4.断熱材

断熱材
どちらもグラスウールが一般的になりますが、地元業者の中には建物の気密性が高くなる現場吹付の硬質ウレタンフォームを採用している所もあります。

5.サッシ

建物外観-サッシ
アルミサッシが一般的ですが、物件価格が上がってくるとより断熱性や結露等に優れるアルミ樹脂複合サッシが使用される場合があります。

またガラスは近年、断熱性や遮熱性に優れるLow-E複層ガラスが一般的になってきました。

パワービルダーの中にはシャッターや格子などがオプション設定になっている場合があります。

6.建具・床材

床の傷
素材に大きな違いはありませんが表面の木目シートの質感や耐久性に違いがあり、パワービルダーが使用している一部の床や建具に傷に弱い製品があります。

床に関してはノンワックスタイプが主流となっており、より耐水性や摩耗性を高くするために別途オプションでコーティングされる方もいらっしゃいます。

7.設備機器

①キッチン

システムキッチン
新築一戸建てのキッチンの大きさは狭小地の物件を除きどちらも、幅2550ミリ 高さ850ミリ 奥行650ミリが基本となります。

飯田グループホールディングスは自社ブランドであるファーストプラス製が使われていることが多く、浄水器や人工大理石のカウンターは標準仕様ですが、引き出しのブレーキ機能や食洗器の有無に関しては物件価格によって変わってきます。

食器棚
また、背面の食器棚に関してはオプション設定となっています。

一方地元業者ではパナソニックやリクシルそしてタカラスタンダードなどの製品が使われていて、物件価格に関わらず食洗器や食器棚が設置されていることが多く注文住宅と同等グレードを採用して差別化を図っています。

②バスルーム

浴室
新築一戸建てのバスルームの大きさは狭小地の物件を除きどちらも、1坪タイプ(畳2枚分)が基本となります。

浴室乾燥機が標準仕様になっていることも含め、どちらも大きな違いはありません。

③トイレ・洗面台

一体型トイレ
パワービルダーが採用しているトイレはタンク・便座・便器で構成される分離型が多く、メリットとしては各部が分かれているので故障したときに安価という事、デメリットとしては各部 の隙間があるので清掃性が悪いという事となります。

一方地元業者では一体型のトイレを使用していることが多く、メリットとしては見た目がスタイリッシュで清掃性が良いという事、デメリットとしては故障したときに分離型より割高になってしまう事です。

洗面台
洗面台の大きさは幅750ミリの三面鏡が使われていることが多く大きな違いはありません。

④電気関係

照明
照明器具はどちらも居室以外の照明(玄関・廊下・トイレ・階段)などは標準ですが、メインの居室の照明は別途となっていることが多いです。

しかしコンセント数に関してパワービルダーは少ない印象で、リビングのテレビが設置される場所のコンセントの口数が2口の場合も御座います。

コンセントプレート
またインターネットなどの通信関係の配管は、パワービルダーの場合はリビングに一カ所、もしくは主寝室にもう一カ所が一般的ですが、地元業者の中には各居室に有線で引きこめるように配管されている場合があります。

以上、それぞれの建物仕様を比較してみました。

コストパフォーマンス抜群のパワービルダー
コストアップはするけど注文住宅に近い仕様の地元業者・・・

建物の耐久性や維持管理などに大きな差はありませんが、実際に価格と仕様を見比べてどちらの建物が自分に合うのかを判断されると良いでしょう。


家のキャラクターイラスト
オプション商品に関しては、こちらの記事をご覧ください

新築建売住宅のオプション商品の金額~飯田グループ系の新築は網戸など別売りが多い


飯田グループホールディングスの記事

この時期の完成物件では壁紙の隙間が多く見られます
– アイディホームの新築一戸建てを住宅診断 –
アイディホームの新築を住宅診断してきました こんにちは。 赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は、飯田グループホールディングスの一社である、アイディホームの新築一戸建てを住宅診断してまいりました。 仲介手数料 […]
2022年に飯田グループやケイアイスターの新築を買ったら住宅ローン控除0.7%では、いくら減税されるかを計算。
2022年に飯田グループやケイアイスターの新築を買ったら住宅ローン控除0.7%では、いくら減税されるかを計算 – 長期優良住宅と省エネ基準適合住宅の違い – 2回クリックで再生します YouTub […]
東栄住宅の新築の特徴と不具合事例
~ 住宅診断をする立場からみた長期優良住宅 ~
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。今回は飯田グループホールディングスの中の『東栄住宅』について解説したいと思います。 東栄住宅の特徴 東栄住宅は『ブルーミングガーデン』という名称で、年間約5,000棟 […]
飯田産業の新築の特徴と不具合事例
~ 住宅診断をする立場からみたIDS工法 ~
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は飯田グループホールディングスの中の『飯田産業』について解説したいと思います。 飯田産業は『ハーツフルタウン』という名称で分譲事業を行っており、日本全国に店舗を […]
アイディホームの新築を住宅診断 ~ トラブル防止のために契約前の欠陥検査は大切
アイディホームLDK
アイディホームの新築一戸建て ー 仕様や注意点を解説 リスナーからの質問の回答 2回クリックで再生します このページの目次 アイディホーム新築の特徴 ・外部の特徴 ・内装や設備の特徴 アイディホームの新築を住宅診断 ・玄 […]
アーネストワンの新築一戸建てを住宅診断 ~ 評判と口コミだけでは判断ではなく1棟1棟を見極める
アーネストワン の新築一戸建て( 横浜市 )の住宅診断 今回は、アーネストワンの新築一戸建て2物件を住宅診断について説明します。 1件目は、建物がほぼ完成した建築途中の現場。 2件目は、まだ更地の未着工の段階の現場です。 […]