YouTube:超低金利はもうすぐ終わる?住宅ローン金利上昇カウントダウン開始!?

YouTubeチャンネル 今週放送の動画をご紹介

前回放送の続きをお話しする予定でしたが、内容を変更しての放送となりました。
ご了承くださいませ。

以下の記事は、動画の内容に関する抜粋です。
より詳しく知りたい方は、是非動画をご覧ください。


10月に入って物価が上昇の兆し

原油高が物価に影響

レギュラーガソリンの小売価格は7年ぶりの高値

2021年5月時点のレギュラーガソリンの小売価格は、全国平均で1リットルあたり125円でした。
それが、10月現在では、162円ですから、半年で37円も値上がりしています。
これは7年ぶりの高値です。

原因は原油価格の高騰

原因は、原油価格の高騰です。
新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだことで世界的に経済活動が再開し、原油の需要が膨らんでいます。
休日の高速道路も自動車の量が戻りつつあります。

原油の値上りが家計に影響
食料品だけでもこれだけの影響
・食品のトレイ
・個包装のビニール・ラップ
・紙パッケージへの印刷

スーパーで売っているものは殆ど全て個包装されています。
原油価格の高騰が続くと、食料品以外にも様々な製品の値上がりにつながります。

ビニールハウスで野菜を育てるためのボイラーの燃料は重油ですし、洋服のクリーニングにも石油系の溶剤などが使われています。

いろいろなものが値上げされています

その他、値段が上がった物
・たばこ税が増税されたので大半の商品が値上げ
・ペイペイが中小店舗から手数料徴収を開始
・ディズニーランドやディズニーシーで繁忙期700円値上げ

今後、しばらく原油高が続きそうです。
原油高が続くと、私たちの景気に関係なく、食料品、プラスチック製品、電気料金、燃料代などが値上りします。
そして、原油高と直接関係は無さそうな物まで値段が上がっていきます。


スタグフレーションについて

不景気の中でも物価が上昇することをスタグフレーションと言います。
新型コロナ対策で世界中でお金をばらまいたので、品物に対してのお金の価値は相対的に下がります。
現在の株高がいい例です。
景気が良くなっていないのに株価は3万円越えです。
これは、お金の価値が相対的に薄まってるから株価が高くなっている。ということでもあります。

参考:SMBC日興証券 – スタグフレーション

住宅ローン金利も上昇する可能性があります

物価上昇率前年比プラス2%に到達した場合、日銀は政策金利を引き上げる可能性があります。
すると、短期プライムレートが上昇して、住宅ローン金利も上昇します。

実際は景気が良くないのに短期プライムレートが上昇すると、企業への貸し出し金利や住宅ローン金利も上昇して景気を悪化させてしまい、スタグフレーションを進めてしまう可能性があります。

これから住宅ローンを組んで家を買おうとしている人は、総務省統計局の消費者物価指数だけでなく、そのあたりのニュースも見逃すわけにはいきません。

このページの先頭に戻る


このページの先頭に戻る