住宅ローン事前審査のタイミングと必要書類

事前審査のタイミング-TOP

事前審査のタイミングと注意点

新築(建売住宅)の購入を検討している方に向けて、
・住宅ローン事前審査をするベストなタイミングと注意点
・審査に必要となる書類
についてご説明させて頂きます。

住宅ローン事前審査と本審査のスムーズな申込み方

2回クリックで再生します



住宅ローン審査の流れ

本審査の前に、事前審査で『仮承認』を得る

事前審査とは

住宅ローン事前審査とは、ご自身が住宅ローン審査に通るか否かを判断するために、不動産売買契約を締結する前に行う住宅ローン審査のことです。

本審査とは

住宅ローン本審査とは、既に事前審査で仮承認を得たあとに、不動産売買契約を締結した後に行う住宅ローン審査のことです。


各審査で調査される10項目についてはこちらをご覧ください

事前審査は契約前に行なう

仮承認を取得していないと物件を抑えてもらえない

売止め

近年では、買主が住宅ローン事前審査で仮承認を取得していなければ、売主は物件を契約しません。
そのため、買主は、契約する前に仮承認を取得する必要があります。

買主が物件の購入を決断して、売主側に不動産購入申込書(買付証明書)を提出しても、仮承認を取得していなければ、物件を抑えて(売止め)もらうことすら出来ませんので注意が必要です。

契約前に予め仮承認を取得する

仮承認

物件の購入を決めて、不動産購入申込書を提出するタイミングで、住宅ローン事前審査を行なっても決して遅くありません。
しかし、予め仮承認を取得しておくことにより、他に物件が売れてしまうリスクを下げることができます。

住まい探しをはじめたら、少し早めの段階で、一度、事前審査を行なっておくと良いでしょう。

審査は違う物件でも可能

購入しようとする物件が決まっていなくても、購入する予定ではない物件で住宅ローンの事前審査をすることができます。
違う物件で審査を行ない、予め仮承認を取得しておくことにより、実際に購入する物件を決めた時に、同等予算の物件であれば、その仮承認を引き継ぐことができます。

都市銀行の事前審査なら確実

都市銀行で行なう住宅ローン事前審査で仮承認を取得できれば、本審査で否決されることはまずありません。
従って、住信SBIネット銀行やauじぶん銀行などのネット銀行系の住宅ローンを利用したい場合は、事前審査だけは、みずほ銀行などの都市銀行で行なっておくと良いでしょう。

受験に例えると、第一志望は、住信SBIネット銀行、滑り止めとして第二志望をみずほ銀行にして仮承認を取得しておくことにより、お話をスムーズに進めることができます。

WEB上の仮審査や仮申込は、事前審査ではない

住信SBIネット銀行などのWEB上で簡易的にできる住宅ローン『仮審査』は、一般の金融機関の『事前審査』とは異なります。

WEB上で簡易的に出来る仮審査は、住宅ローン審査で最も重視するべき個人信用情報を確認していないことが多いので注意が必要です。

既存借入や過去に延滞履歴がある方は、WEB上で仮承認を得られたとしても本審査で否決になる可能性があります。
そのため、不動産業界では、住信SBIネット銀行などWEB上の簡易的な審査で仮承認を得ていたとしても、ほとんどの売主は物件を契約しませんので注意が必要です。

Web事前審査

WEB上の簡易的な審査は注意が必要です

『事前審査に通っておきながら本審査で落ちる』ことがある↓

住宅ローン事前審査に通ったのに、本審査で落ちる理由


審査にかかる日数

申し込みの方法で審査にかかる日数が変わります

審査にかかる日数
◆銀行窓口に事前申込みする場合
銀行窓口に出向いて申込みをした場合、窓口で書類をチェックした後に社内メール便で審査部署に書類が送られて事前審査を行なう流れですので、仮承認の取得まで通常7日間前後かかります。
◆ネット銀行に事前申込みする場合
ネット銀行の場合、基本的に書類のやりとりは、郵送ですので仮承認の取得まで通常7日間前後かかります。
ただし、じぶん銀行の場合は、書類を撮影またはスキャンをしてWEB上で送信できますので3日~7日程度で仮承認を取得できます。
◆住宅ローンセンターに持ち込む
不動産会社経由で銀行の住宅ローンセンターに直接書類を持ち込むと、最短1~3日で仮承認を取得できます。
例えば、みずほ銀行住宅ローンコンサルティングスクウェア(一般的にローンセンターと呼ばれています)に直接持込むと1日~3日で仮承認を取得できます。
※ただし、勤続年数2年未満、個人事業主や会社役員、返済比率が審査基準ギリギリや既存借入などがある人では、どこの金融機関でも、通常よりも時間がかかり(1週間前後)ますので注意が必要です。
コロナ禍では在籍確認などにも注意が必要です↓

コロナ禍の住宅ローン審査事情 ~ 在籍確認の問題と、ネット銀行系の本審査承認までの日数

不動産会社に任せる場合の注意点

住宅ローン事前審査は、本人が直筆で記入して申込みすることが原則です。
金融機関の窓口やWEB上で申込して書類を郵送する手続きで審査を行なうことが出来ます。

しかし、どこの金融機関に申込すべきかなどは悩むところだと思います。
そこで信頼できる不動産会社があれば、その不動産会社にお願いすることも一つの手段です。

しかし、現地販売会やオープンハウスで初対面の営業マンなどに安易に依頼したことにより、
『個人情報が不動産会社だけでなく売主に流出していた。』
『営業マンが勝手に代筆して、複数の金融機関に事前審査を申込みしていた。』
という相談を受けたことがありますので注意が必要です。

営業マンに依頼

安易に依頼せず、信頼できる方にお願いしましょう

住宅ローン事前審査に費用はかからない

通常、金融機関や不動産会社で事前審査を行なうにあたり、費用は一切かかりません。

しかし、多くの不動産会社では、契約した後に不動産会社経由で住宅ローンを申込した場合、『ローン代行手数料』のような名目で10万円(別途消費税)の手数料を諸費用に上乗せしていることが多いので注意が必要です。

ゼロシステムズでは、このような手数料もいただきませんのでご安心ください。


審査で必要になる書類を準備しておく

住宅ローン事前審査に必要な書類について

2回クリックで再生します

あらかじめ必要書類を用意しておくことで、事前審査をスムーズに進めることができます。
ここからは、住宅ローン事前審査で必要になる書類について解説いたします。

お客様の状況より必要書類が異なります

住宅ローン事前審査では、源泉徴収票、運転免許証、健康保険証などの書類のコピーが必要になります。
ただし、会社員・自営業・勤続年数・産休育休中など、お客様の状況より必要書類が異なります。

以下で、それぞれの場合の必要書類とポイントを説明します。

会社員(勤続2年以上)の人の場合

会社員ー勤続2年以上

会社員(勤続2年以上)の必要書類

勤続年数2年以上であれば必要書類が少なくて済みます。

  • 1.源泉徴収票
     ※事前審査申込月が1月~4月までは一昨年のもの、5月~12月までは昨年のものが必要になります。
  • 2.健康保険証
  • 3.顔写真つきの身分証明書
     ※運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、いずれか1つ

会社員(勤続2年未満)の人の場合

会社員-勤続2年未満

会社員(勤続2年未満)の必要書類

勤続年数2年未満の場合、金融機関から求められる書類が増えます。

  • 1.源泉徴収票
     ※過去2年分の源泉徴収票が必要になります。
  • 2.過去3ヶ月分の給与明細書
     ※金融機関によっては過去1年分を求められる事もあります。
  • 3.健康保険証
  • 4.顔写真つきの身分証明書
     ※運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、いずれか1つ

会社員(産休育休中)の人の場合

産休/育休中

会社員(産休/育休中)の必要書類

金融機関により返済原資や復職を証明する書類を求められます。

  • 1.源泉徴収票
     ※過去2年分の源泉徴収票を求められることが多いです。
  • 2.給与明細書
     ※休業期間中に給与が支払われている証明として求められることが多いです。
  • 3.休業期間中の返済原資の証明
     ※預金通帳のコピーなどを返済原資の証明として求められることがあります。
  • 4.健康保険証
  • 5.顔写真つきの身分証明書
     ※運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、いずれか1つ

会社役員の人の場合

会社役員

会社役員の必要書類

会社員でも代表者が親族の場合、会社役員として扱われることがあります。

  • 1.源泉徴収票
     ※個人の所得を確認するために源泉徴収票も必要になります。
  • 2.過去3期分の決算書
     ※状況により直近月の試算表を求められることがあります。
  • 3.会社謄本
     ※会社謄本以外にも会社案内などのパンフレットを求められることがあります。
  • 4.健康保険証
  • 5.顔写真つきの身分証明書
     ※運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、いずれか1つ

自営業(個人事業主)の人の場合

自営業/個人事業主

自営業/個人事業主の必要書類

確定申告書では収入でなく所得の金額で返済比率を計算します。

  • 1.過去3期分の確定申告書
     ※確定申告書以外にも売上を確認するために預金通帳の写しを求められることがあります。
  • 2.健康保険証
  • 3.顔写真つきの身分証明書
     ※運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、いずれか1つ

以上の書類は、一般的な金融機関で住宅ローン事前審査を申込する場合の一例です。
フラット35やネット銀行などでは、必要書類が異なることがあります。

ゼロシステムズが相談を承ります

住宅ローン審査については、ゼロシステムズの住宅ローン専門家スタッフがご相談を承りますので、お取扱い無料判定フォームからお問合せください。

専門家スタッフの紹介はこちら↓

専門家スタッフ紹介

お問合せはこちらから↓

仲介手数料無料になるか簡単判定


まとめ

まずは住宅ローンの仮承認を取得しましょう

購入したい新築分譲住宅を決めて、不動産購入申込書を提出するタイミングで、住宅ローン事前審査を行なっても決して遅くありません。
しかし、住宅ローン事前審査の結果を待っている間に、その物件が他の方に買われてしまう事があります。

そのような事態は、あらかじめ住宅ローン審査を受けて仮承認を取得しておくことで、以後の手続きがスムーズになり、避けることができます。

また、申し込み方法で審査にかかる日数が変わりますし、ご自身の状況により必要となる書類も変わります。
『新築分譲住宅を購入する』と決めた時点で、まずは必要種類を集めるなど、住宅ローン審査の仮承認を取得する準備にとりかかると良いでしょう。

住宅購入を決める

審査のタイミング次第で以後の手続きがスムーズになります



住宅ローンについて詳しく知りたい

住宅ローンの基礎知識

頭金0円や諸費用も含めて住宅ローンを組む場合のコツと注意点について

事前審査の申込みをするタイミングや注意点について

審査に必要な書類は 勤続年数/産休育休/自営業者/会社員ごとで異なります


有利な条件でローンを組みたい

住宅ローンの基礎知識

各銀行の最新の住宅ローン金利と優遇金利

変動金利と固定金利のメリットとデメリット

保証料型とローン取扱手数料型の違いと選び方

国家公務員/地方公務員/防衛省(自衛隊)/警視庁の方に有利な資金計画をご紹介


住宅ローン審査に通るか不安

住宅ローン審査の対策

返済比率/勤続年数/年収/産休育休の取り扱いなど各銀行の住宅ローン審査基準

住宅ローン審査に落ちる理由/審査が通りやすい銀行選びのコツなど

ショッピングローンやスマホなどの分割払いや延滞など、個人信用情報と住宅ローンの関係

審査が通りやすい銀行を【AI 住宅ローン審査シミュレーション】で簡単判定