2022年1月の住宅ローン選びを10分で解説

YouTubeチャンネル 今週放送の動画をご紹介

FM76.7MHzフラワーラジオ にて毎週放送!
レギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』
第387回目の放送分です。

今回の話題

住宅ローン金利比較
~2022年1月の住宅ローン選びを解説~

  • ・auじぶん銀行
  • ・住信SBIネット銀行
  • ・PayPay銀行
  • ・みずほ銀行
  • ・中央ろうきん
  • ・フラット35

以下は、動画の内容に関連した情報です。
より詳しく知りたい方は、是非動画をご覧ください。


執筆者田中勲-写真 田中 勲
(宅地建物取引士、ホームインスペクター)
田中勲 紹介ページ
専門家プロファイルを見る
(出典:en Factory)

2022年1月 住宅ローン選びを解説

ネット銀行

住信SBIネット銀行
  • <対面型>
  • 変動金利:0.39%
  • 35年全期間固定金利:1.42%
  • <非対面型>
  • 変動金利:0.44%
  • 35年全期間固定金利:1.42%(対面型と同じ)
auじぶん銀行
  • 通常
  • 変動金利:0.389%
  • 35年全期間固定金利:1.33%
  • au回線契約ありの場合
  • au回線割引き→0.07%優遇
  • じぶん電気割引→0.03%優遇
  • ↓上記の適用で合計0.1%優遇されます↓
  • 変動金利:0.289%
  • 35年全期間固定金利:1.23%
ペイペイ銀行
  • 変動金利:0.38%
  • 35年全期間固定金利:1.44%

この3つのネット銀行は、いつも金利が拮抗しています。 スマホのキャリア等でauの回線契約があるなら、じぶん銀行がお得です。


主要な都市銀行

みずほ銀行
  • 最優遇が適用された場合
  • 変動金利:0.375%
  • 35年全期間固定金利:1.07%
三菱UFJ銀行
  • 変動金利:0.475%
  • 35年全期間固定金利:1.7%
三井住友銀行
  • 変動金利:0.475%
  • 35年全期間固定金利:1.43%
りそな銀行
  • 融資手数料型で最優遇が適用された場合
  • 変動金利:0.47%
  • 35年全期間固定金利:0.955%

いずれも最優遇が適用された場合の金利となりますが、都市銀行の中では
・変動金利であれば、みずほ銀行が0.375%で、最も低金利です。 ・35年全期間固定では、りそな銀行の0.955%で、最も低金利です

都市銀行も、ネット銀行と変わらないくらい低金利です。 全期間固定金利に関しては、都市銀行の方が低いです。


その他の金融機関

中央労働金庫
  • 変動金利:0.625%
  • 35年全期間固定金利:1.25%

変動と固定のミックスプランにすると、変動金利がさらに0.05%優遇(0.575%)
中央ろうきんは、労働組合員でなくても、生協(COOP)の会員になれば、利用できます。
返済比率を実行金利で審査してくれるので、審査が通りやすいです。

イオン銀行
  • 変動金利:0.52%
  • 35年全期間固定金利:設定なし(10年固定まで)

イオン銀行は、スマホで事前審査を申込みすると、即日または翌日に審査結果が通知されますので、スピーディーで便利です。

フラット35
フラット35SのAタイプ
当初10年間:1.05%
11年目以降:1.30%
フラット20SのAタイプ
当初10年間:0.93%
11年目以降:1.18%
フラット50
全期間:1.810%

フラット35は、お申込者の内容が基準に合致していれば、基本的に審査に通ります。

都市銀行やネット銀行などの民間銀行では、属性によって優遇金利も違い、審査が通らないことがあります。
一方で、フラット35は、中小企業や個人事業主の人でも審査が通りやすいので人気があります。


まとめ – お得な銀行と審査が通りやすい銀行

2022年1月は、どこの銀行の住宅ローンがお得か

変動金利なら:
 auじぶん銀行 か みずほ銀行

・auじぶん銀行の変動金利:0.289%(au金利優遇適用の場合)
・みずほ銀行の変動金利:0.375%。

『au金利優遇割』を利用できる人であれば、auじぶん銀行の変動金利がお得です。
※『auモバイル優遇割』と『じぶんでんき優遇割』2つをセットにした名称を『au金利優遇割』と言います。

35年全期間固定金利なら:
 りそな銀行 か みずほ銀行

・りそな銀行:0.955%
・みずほ銀行:1.07%

ただし、ネット銀行や都市銀行の住宅ローン金利は、購入予定物件、返済比率、自己資金比率、勤務先などの属性によって最優遇金利が適用されない場合もあります。

住宅ローン審査が通りやすい金融機関

中央労働金庫、または、フラット35が最も審査が通りやすいです。
次いで、イオン銀行が審査が通りやすいです。


関連リンク

2022年1月:各金融機関住宅ローン金利表↓

住宅ローン金利の今後を予測 | 最新の住宅ローン金利表で比較


変動金利 と 固定金利の選び方↓

YouTube:住宅ローン破綻が嫌なら知っておきたい– 変動金利を選ぶべき人 固定金利を選ぶべき人 –

『変動金利』と『固定金利』の特徴と選び方


住宅ローン審査が通るかどうかをチェックする↓



このページの先頭に戻る