【7月の住宅ローン金利情報】どの銀行を選べば正解?
職業別おすすめ住宅ローン 変動金利or固定金利?

7月の住宅ローン金利情報。どの銀行を選べば正解?
職業別おすすめ住宅ローン 変動金利or固定金利?
モゲチェック塩澤崇さん登場

2回クリックで再生します

YouTubeチャンネル
今週放送の動画をご紹介

FM76.7MHzフラワーラジオ にて毎週放送!
レギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』
第415-1回目 (2022年7月07日放送分 前半)となります。

今回の話題

7月の住宅ローン金利情報。どの銀行を選べば正解?
職業別おすすめ住宅ローン 変動金利or固定金利?

以下は、動画の内容に関連した情報です。
より詳しく知りたい方は、是非動画をご覧ください。



サムネイル-MCフジコMC フジコ

不動産せんせい田中の『教えて不動産の知恵袋』
番組MCのフジコで御座います。

本日は、月イチレギュラー!
モゲ澤せんせいが、いらっしゃってま~す!


モゲチェック塩澤さんに話を伺う

今回は、住宅ローン比較サービス『モゲチェック』を運営している 株式会社MFSの 塩澤 崇さん をゲストにお招きしました。

塩澤 崇(しおざわ たかし)さん プロフィール

塩澤 崇

■ 塩澤 崇(しおざわ たかし)
 株式会社 MFS 取締役COO
略歴
2006年東京大学大学院情報理工学系研究科修了(専攻:数理情報学)
2006年モルガン・スタンレー証券株式会社にて住宅ローン証券化ビジネスに参画。
モーゲージバンクの設立やマーケティング戦略立案、当局対応を担当。
2009年ボストン・コンサルティング・グループ入社。
メガバンク・証券・生保の国内営業戦略・アジア進出ロードマップ等の経営コンサルティングに従事
2015年9月よりMFS取締役COO

塩澤 崇 紹介ページ – モゲチェック

サムネイル-塩澤塩澤

モ、モゲ澤・・・!?

サムネイル-田中田中

フジコさん!
ちょっと略し過ぎです

サムネイル-MCフジコMC フジコ

モゲチェックの塩澤先生だから『モゲ澤せんせい』で、良いかなと思ったんだけど・・・。

サムネイル-塩澤塩澤

3回目の出演になると、だんだん扱いが雑になってくるものですね~。

サムネイル-田中田中

そんなことないですよ!
ここでは『モゲ澤せんせい』というキャラになりかけていますが、本当の姿は、東京大学を出て元モルガンにいた、金融の専門家なんですよ。
ですよね!?塩澤先生。

サムネイル-塩澤塩澤

はい。
一応、いつもは、まじめな専門家をさせて頂いています。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

そうでしたね~。
いつもYahooニュースで塩澤先生のお名前は、お見掛けしています。

サムネイル-塩澤塩澤

ありがとうございます。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

ところで、本日はどんなお話を頂けるのでしょうか?

サムネイル-田中田中

本日の前半は、7月の住宅ローン金利情報と、『職業別おすすめ住宅ローン』についてお話させていただきます。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

それは興味深いですね~。
それでは宜しくお願いします。

今月の各金融機関の住宅ローン金利表はこちら↓

各金融機関の最新住宅ローン金利表


7月の住宅ローン金利情報

サムネイル-田中田中

最初は、私の方から、今月の各銀行の金利情報をお知らせいたします。
まず、変動金利が最も低い銀行ベスト5です。

変動金利が低い銀行ベスト5

  • 1位:auじぶん銀行 0.289%
    ※auスマホ割0.07%、auじぶんでんき割0.03%の両方が適用された場合
  • 2位:みずほ銀行 0.375%
  • 3位:PayPay銀行 0.380%
  • 4位:auじぶん銀行 0.389%
    ※auスマホ割と、じぶんでんき割が適用されない場合
  • 5位:住信SBIネット銀行 0.390%
サムネイル-MCフジコMC フジコ

塩澤先生。
変動金利は、先月と変化ありませんね。

変動金利は低位で安定
サムネイル-塩澤塩澤

そうですね。
変動金利は低位で安定しています。

変動金利は短期金利と連動します。
その短期金利は日銀がマイナス0.1%でがっちりと抑えているので、変わらない状態です。
また、政府・与党も金融緩和政策を支持しています。

7月の参院選に向けたテレビ討論会にて岸田首相は、
「金融政策は中小企業の金利と負担に影響を与える。景気全体の動向も考えた上で総合的に判断すべき。」と述べ
「現状では変えるべきではない。」と明言しました。

政府・与党の後押しを受けていますので、金融緩和は当面続くでしょう。

金利引下げのキャンペーンを要チェック
サムネイル-塩澤塩澤

なお、借り換えについては金利がむしろ下がっています。
最近は金利が上昇しているので金利に敏感なユーザーが増えていることに加えて、物価が上昇しているので固定費削減に動くユーザーが多いのだと思います。

金利引下げのキャンペーンはauじぶん銀行→新生銀行→PayPay銀行と各行が立て続けに開始しています。
ひょっとして他行も今後追随するかも知れません。
要チェックです。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

なるほど~。
それでは、田中先生。
固定金利はどうでしょうか?

サムネイル-田中田中

はい。
35年全期間固定金利で、今月、最も低い銀行ベスト5をご紹介します。

固定金利が低い銀行ベスト5 +1

  • 1位:りそな銀行 1.245%
    先月は1.195%でしたので、ひと月で、0.05%上昇しました。
  • 2位:中央ろうきん 1.25%
    先月と変わらず。
  • 3位:フラット35 0.380%
    6年目から10年目までは0.25%金利が引き下げられて、11年目以降は1.51%となります。
    住宅ローン金利シミュレータで計算すると、1.326%の支払い利息と同等という結果になりましたので、フラット35を3位としました。
  • 4位:みずほ銀行 1.33%
  • 5位:三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、新生銀行 1.5%
    この3行は、先月と比べると、0.1%~0.15%上昇しています。
  • 6位:auじぶん銀行 1.750%
    こちらも先月から0.05%上昇しています。
固定金利は上昇傾向
サムネイル-MCフジコMC フジコ

なぜ固定金利だけが上昇しているのでしょうか?

米国の利上げが影響
サムネイル-塩澤塩澤

これは、米国の利上げに伴い、日本国債の利回りが上昇しているためです。

米国ではインフレが進行しており、生活を圧迫しています。
例えば、ニューヨークでは、ベーグルとコーヒーの朝食セットが2,500円もします。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

2,500円って高すぎですね。

サムネイル-塩澤塩澤

そうですね。
FRBでは、インフレを抑えるため、利上げをしました。
それに連動して日本国債の利回りも上昇しました。

住宅ローンの固定金利は10年ものの日本国債利回りと連動するので、6月よりも固定金利が高くなったのです。

サムネイル-田中田中

変動と固定の金利差がさらに大きくなった感じですね。

サムネイル-塩澤塩澤

そうですね。


職業別・おススメ住宅ローン

サムネイル-MCフジコMC フジコ

それでは、職業別でおススメの住宅ローンをご紹介ください。

公務員 / 一部上場企業の正社員

サムネイル-田中田中

まず、公務員や一部上場企業に勤めている正社員であれば、支払い利息の総額を抑えることを優先した銀行選びが良いかと思います。

例えば、auじぶん銀行の変動金利0.289%などがおススメです。

サムネイル-塩澤塩澤

そうですね。
私も、auじぶん銀行の変動金利は魅力的だと思います。
実際にモゲチェックを利用する9割のユーザーがネット銀行を希望しています。

ただ、ネット銀行は、低金利を実現するために、貸し倒れしにくい人に絞って融資をしています。
そのため、審査が厳しいので注意が必要です。

ネット銀行と聞くとお手軽なイメージをしがちですが、審査は全然そんなことないので気をつけて下さいね。

中小企業に勤めている人

サムネイル-田中田中

そうですね。
中小企業に勤めている人であっても、返済比率が30%以内に収まっていれば、ネット銀行でも審査が通る可能性が十分にありますので、チャレンジしてみると良いと思います。

ただ、中小企業に勤めていて、返済比率が35%ギリギリまたは、転職したばかりで、その会社での源泉徴収票が、まるまる1年分でない場合は、ネット銀行では、審査が厳しいと考えた方が無難です。

そのような方は、みずほ銀行がおすすめです。
みずほ銀行は、審査金利3.5%で上限返済比率が40%未満ですので、他の銀行よりも、若干ですが審査が通りやすいと言えます。

職場の労働組合に加入している人

サムネイル-田中田中

製造業など比較的規模の大きな工場に勤めている人であれば、職場の労働組合に加入している人が多いと思います。
そのような方は、中央ろうきんがおススメです。

中央ろうきんは、ろうきんの会員であれば、実行金利で審査してくれます。

そのため、他の銀行で返済比率オーバーの場合でも、中央ろうきんであれば審査が通る可能性があります。
また、中央ろうきんの会員だと、事務手数料や保証料が安くなりますので、当初の諸費用も抑えることができます。

地元中小企業に勤めている人 / 個人事業主の人

サムネイル-田中田中

地元に根付いた中小企業に勤めている人や個人事業主の人であれば、会社のメインバンクの地方銀行や信用金庫がおススメです。

地方銀行や信用金庫であれば、支店や担当者から審査部へある程度フォローしてくれますので、ネット銀行やメガバンクで断られた人でも審査が通る可能性があります。

契約社員 / 派遣社員 / 個人事業主 など

サムネイル-田中田中

正社員でも歩合給の割合が大きい人、勤続年数が短い人、契約社員、派遣社員、個人事業主、非上場会社の役員の人は、フラット35がおススメです。

フラット35は、実行金利で返済比率を計算するうえ、職業に関係なく安定した収入があれば審査のテーブルにのりますので、他の銀行よりも審査が通りやすいと言えます。
そのため、フラット35は、多くの人に利用されています。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

どこの銀行を選べば良いかは、人によって全然違うから難しいですね。

サムネイル-塩澤塩澤

そうですね。
ただ、住宅ローン比較サービス『モゲチェック』を使えば、どこの銀行なら審査が通りやすいかや、有利に借りられるかなどが簡単に分かりますので、ぜひ、使ってみてください。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

なるほど。
田中先生。塩澤先生。
ありがとう御座いました。






ゼロシステムズ バナー