9月の金利ランキング
~変動金利・固定金利・審査が通りやすい・初期費用が安い・など様々な条件で比較~

【住宅ローン】9月の金利ランキング
~変動金利・固定金利・審査が通りやすい・初期費用が安い・など様々な条件で住宅ローンを比較~

2回クリックで再生します

YouTubeチャンネル
今週放送の動画をご紹介

FM76.7MHzフラワーラジオ にて毎週放送!
レギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』
第423-1回目 (2022年9月01日放送分 前半)となります。

今回の話題

【住宅ローン】9月の金利ランキング
~変動金利・固定金利・審査が通りやすい・初期費用が安い・など様々な条件で住宅ローンを比較~

以下は、動画の内容に関連した情報です。
より詳しく知りたい方は、是非動画をご覧ください。



最新の住宅ローン金利情報

サムネイル-MCフジコMC フジコ

皆さん。こんにちは~。
番組MCのフジコで御座いま~す。

早速ですが田中せんせい!
今回は、どんなお話を頂けるのでしょうか?

サムネイル-田中田中

こんにちは!
今回は、9月最初の放送ですので、毎月恒例になりました

『最新の住宅ローン金利情報』

についてお知らせさせて頂きます。

サムネイル-田中田中

  • ・変動金利が安い銀行ベスト10
  • ・全期間固定金利が安い金融機関ベスト5
  • ・審査が通りやすい金融機関ベスト5
  • ・初期費用が安いフラット35金融機関ベスト5
  • ・初期費用が安い変動金利の銀行ベスト5

どこの銀行でローンを組むのがベストなのか?
これから住宅ローンを検討している人にとって、出来るだけ参考になるように、支払い利息の総額など具体的な数字を使って、お話させて頂きます。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

それでは、田中せんせい!
各銀行の最新住宅ローン金利情報を教えてください。

2022年9月 各金融機関の金利情報

サムネイル-田中田中

まずは毎月恒例になりました、変動金利ベスト10を作成しましたのでご覧ください。

変動金利ベスト10
2022ー9月 変動金利ベスト10

2022ー9月 変動金利ベスト10

固定金利ベスト5
2022-9月 固定金利ベスト5

2022-9月 固定金利ベスト5

審査が通りやすい金融機関ベスト5
2022-9月 審査が通りやすい金融機関ベスト5

2022-9月 審査が通りやすい金融機関ベスト5

2022-9月 各金融機関の住宅ローン情報はこちら↓

各金融機関の最新住宅ローン金利表


諸費用が安く抑えられる銀行

サムネイル-田中田中

普段、住宅ローン金利のお話をするときは「35年間で支払い利息の総額が安い方が良い。」
というお話をしています。

ですが、35年後の支払い利息の損得よりも、
「多少金利が高くなっても、最初にかかる初期費用を安く抑えて手元のお金は残しておきたい・・・。」
と考える人も多いんですよ。

そこで、ここからは、『諸費用が安く抑えられる銀行』というテーマでお話させて頂きます。

サムネイル-田中田中

まずは、フラット35の事務手数料が安いベスト5です。

フラット35の事務手数料

2022ー9月 フラット35の事務手数料

2022ー9月 フラット35の事務手数料

第5位 同率 住信SBIネット銀行 と ARUHI
サムネイル-田中田中

第5位 同率で住信SBIネット銀行とARUHIの借入金額×2.2%です。
例えば4,000万円の借入ですと、88万円となります。

この金融機関は、特に事務手数料が安いというわけではありません。
一般的な事務手数料の基準として参考になるように、ご紹介しました。

第4位 ファミリーライフサービス
サムネイル-田中田中

第4位 ファミリーライフサービスの借入金額×1.68%です。

ファミリーライフサービスは、飯田グループの関連会社です。
そのため、飯田グループの物件を購入しようとする時には、審査が通りやすいように親身にアドバイスしてくれますので、おススメです。

4,000万円の借入をすると672,000円となりますのでARUHIと比べると20万円以上安くなるのでお得です。

第3位 楽天銀行
サムネイル-田中田中

第3位 楽天銀行で、借入金額×1.1%です。

4,000万円の借入では、440,000円の事務手数料ですので、ARUHIの半額です。

第2位 優良住宅ローン
サムネイル-田中田中

第2位 優良住宅ローンの、借入金額×0.8%です。

優良住宅ローンについては、あまりご存じないという人も多いと思いますが、フラット35専門の金融機関で事務手数料が安くて業界では有名です。
4,000万円の借入では、320,000円の事務手数料ですので、ARUHIよりも56万円も安いです。

第1位 借入額×0.5%の金融機関(ネットで公表不可)
サムネイル-田中田中

第1位 借入額×0.5%の事務手数料の金融機関です。

4,000万円の借入では、200,000円で住みますので、ARUHIよりも68万円も安くできます。

こちらは、ゼロシステムズが提携した金融機関です。
この事務手数料は、他の不動産会社との兼ね合いで「表立って公表しないでください。」と金融機関から釘を刺されているので公表できません。

ただ、この0.5%の事務手数料は、住宅性能評価書を取得した新築であることが条件です。
ですので、飯田グループの新築であれば、全て適用になります。

ゼロシステムズ経由でフラット35を借りると、この0.5%になります。
皆さま、ご縁がありましたら是非ご相談ください。

サムネイル-田中田中

一番高いと88万円。
一番安いところだと20万円。
その差は、68万円です。

これは、35年間での差でなく、今すぐの差ですので、とても大きいと思います。
68万円もあれば、4LDKの全ての部屋にエアコンを設置して、引っ越し代も賄えると思います。


変動金利で初期費用が安い銀行

サムネイル-田中田中

次は、変動金利で初期費用が安い銀行をご紹介します。
まず、銀行で住宅ローンを借りる時に、かかる諸費用で一番高いのが、保証料または、事務手数料です。

殆どの銀行では、借入金額×2.2%の事務手数料、または、それと、ほぼ同じくらいの割合の保証料がかかります。
例えば、借入4,000万円であれば、88万円の事務手数料または、同等額の保証料がかかります。

ただ、銀行によっては、金利に上乗せすると、事務手数料を一律の金額にすることができます。
以下の表をご覧ください。

初期費用が安くて金利が低い銀行ベスト5

2022ー9月 初期費用が安くて金利が低い銀行ベスト5

2022ー9月 初期費用が安くて金利が低い銀行ベスト5

第5位 ソニー銀行
サムネイル-田中田中

第5位 ソニー銀行の0.757%、一律事務手数料が44,000円です。
ただし、頭金10%必要になります。

3位 同率 みずほ銀行 と りそな銀行
サムネイル-田中田中

3位 同率で みずほ銀行 と りそな銀行で、金利0.725%、一律事務手数料が33,000円です。
ただし、審査次第で適用金利が多少変わりますので注意が必要です。

2位 中央労働金庫
サムネイル-田中田中

2位 中央労働金庫で、金利0.725%、一律事務手数料が11,000円です。
金利は、3位と同じですが、事務手数料が22,000円安いです。

ただし、この金利と事務手数料が適用されるのでは、ろうきんの会員でなければなりません。 具体的には、職場に労働組合があって、その組合員の人で、頭金が少ない場合はおススメです。

第1位 新生銀行
サムネイル-田中田中

第1位 新生銀行で、適用金利0.65%、一律事務手数料55,000円です。

この新生銀行を使って借入4,000万円で新築一戸建て購入した場合の諸費用例を計算しました。

通常にかかる諸費用

2022ー9月 通常にかかる諸費用

2022ー9月 通常にかかる諸費用

サムネイル-田中田中

まず、通常にかかる一般的な諸費用の例です。
ローン事務手数料(借入金額×2.2%)88万円を最初に支払うと
・金利0.45%が適用され て月々102,953円
・35年の支払い利息の総額は 3,240,127円
ゼロシステムズを利用すれば、諸費用の合計額は、約154万円です。

サムネイル-田中田中

次に以下をご覧ください。

初期費用を節約した場合の諸費用
2022ー9月 初期費用を節約した諸費用

2022ー9月 初期費用を節約した諸費用

サムネイル-田中田中

金利0.65%になると、金利0.45%の時は、月々102,953円でしたが、
金利0.65%になると、月々106,508円となります。

月々3,555円高くなりますが、最初にかかる事務手数料が、88万円から5万5千円となり、825,000円減らすことができます。

ゼロシステムズを利用すれば、仲介手数料やローン代行料がかかりませんので、諸費用の合計額は、約71万5千円となります。

サムネイル-田中田中

これは、節約系FPの人からは、反発をされるかもしれませんが、 自己資金に余裕がない人であれば、月々が高くなっても、手元に82万円の現金を残した方が気持ち的に安心。 と思います。

『最新の住宅ローン金利情報』についてのお話は以上となります。

サムネイル-MCフジコMC フジコ

田中せんせい。ありがとうございました!
後半もよろしくお願いします。


YouTube登録者数が14,300人を超えました

サムネイル-田中田中

おかげさまで、チャンネル登録者数が、14,300人を超えました。
多くの人たちにご視聴頂けて本当に嬉しいですし、感謝です。ありがとう御座います。
これからも、住宅の購入を検討している人や、既に購入した人にとって役立つ情報をお話させて頂きますので、引き続き宜しくお願いします。






ゼロシステムズ バナー