【住宅ローン審査に落ちる原因】
~24項目のうち2つ以上該当すると不利になる

住宅ローン

住宅ローン審査に落ちる原因についてまとめました。
審査に落ちる原因は、さまざまです。
該当事項があれば、予め対応することにより、承認を得られる可能性を引き上げることが出来ます。

下記24項目のうち
2つ以上該当すると、住宅ローン審査では不利になりますので注意が必要です。

※クリック/タップで解説にリンクします

住宅ローン審査に落ちる原因

●個人信用情報について

●勤務先や雇用形態について

●その他の事項について

上記24項目で1つでも該当する場合は、住宅ローン事前審査を申込みする段階で、金融機関へ詳細説明をする必要があります。

何も説明しないと住宅ローン審査では不利になる可能性があります。
返済比率が審査基準ギリギリの場合では、金融機関側から「今回は、総合的な判断でお受け出来ません。」と否決の結果になる可能性があります。
金融機関に否決理由を尋ねても「総合的な判断で・・・」と明確な理由を教えて頂けません。
否決の理由が分からないと住宅ローン審査結果を覆すことは困難です。

逆に、上記24項目に該当事項があれば、予め対策をしてから住宅ローン審査を申込みする事により「承認」を得られる可能性が高くなります。


住宅ローン事前審査シミュレーションで診断すると該当項目の対策も分かりますので、是非ご利用ください。



新築一戸建ての仲介なら
ゼロシステムズにお任せください

仲介手数料と住宅診断が無料

仲介手数料無料 + 住宅診断も無料で購入

ゼロシステムズなら新築一戸建てが
仲介手数料が最大無料+専門家による住宅診断も無料で購入できます!
気になる物件を、安心お得に購入するなら、仲介はゼロシステムズにお任せください!