01.過去7年以内に債務整理をしたことがある -【債務整理】

過去7年以内に債務整理をしたことがある

債務整理

個人信用情報に問題がある可能性があります。

個人信用情報では、24ヶ月(2年分)の返済記録が残ります。

その債務(借入れ)を完済してから5年以上経過しなければ債務整理など金融事故に関しての個人信用情報の記録は消えません。

従って、その債務を完済していない場合は、個人信用情報から消えませんのでご注意ください。

また、債務整理をして7年経過しても、債務整理を行なった系列の銀行では、銀行内に独自の記録が残っているため住宅ローン審査は否決になります。

そのような場合は、過去に債務整理を行なった金融機関とは違う系列の銀行に住宅ローン審査を申込する必要があります。