10.起業してから3年未満 -【個人事業主/会社役員】

起業してから3年未満

個人事業主 起業

過去3年分の確定申告書の控えを提出する必要があります。

個人事業主 の場合は、過去3年分の確定申告書の控えを住宅ローン審査で提出する必要があります。
会社役員 の場合は、過去3期分の決算書の控えを住宅ローン審査で提出する必要があります。

そのため、起業してから3年以内に住宅ローン審査を申込した場合は、否決になる可能性が高くなりますので注意が必要です。
このような場合は、取引先の金融機関に相談することによりプロパーや保証協会の融資を利用できる場合があります。