14.会社員なのに社会保険でなく国民健康保険である -【属性判断】

会社員なのに社会保険でなく国民健康保険である

国民健康保険証

勤務先についての属性判断が低くなります。

本来、会社は、従業員の健康保険を『社会保険』にする義務があります。
しかし『国民健康保険』の場合、勤務先が『社会保険』にする義務を怠っていることになります。

そのような場合、住宅ローン審査では、勤務先についての 属性判断 が低くなります。
返済比率が審査基準ギリギリの人の場合は、この事が原因で否決や減額となる可能性がありますので注意が必要です。

物件価格以外にかかる諸費用(仲介手数料や住宅ローン事務手数料など)を削減して返済比率を下げることにより住宅ローン審査が通り易くなる場合があります。