16.勤務先が小規模または社歴が3年未満である -【営業実態】

勤務先が小規模または社歴が3年未満である

小規模事務所

営業実態が分からない場合は、否決の原因になる事もあります

勤務先が個人事業主や社歴が3年未満の場合は、会社の 営業実態 を確認できず、 住宅ローン審査で不利になる可能性があります。
営業実態 が分からない場合は、否決の原因になる事もありますので注意が必要です。

このような場合、勤務先の取引先金融機関であれば住宅ローン審査で承認を得られる可能性が高いと言えます。

また、会社のホームページURLやパンフレットなど会社の 営業実態 が分かるにものを添付することにより、 住宅ローン審査がスムーズに進む場合があります。