18.給与体系が 高率歩合制 である -【収入の安定性】

給与体系が高率歩合制である

高率歩合制

住宅ローン審査は、安定した収入がある事が前提

金融機関の住宅ローン審査の基本は『安定した収入がある』ことが前提です。
従って、高率歩合制の給与体系の場合、住宅ローン審査の見方が厳しくなることがあります。

給与体系が 高率歩合制 の場合は、住宅ローン審査時に過去1年分の給与明細や給与振込口座の通帳の写しの提出を求められることがあります。
そのため、源泉徴収票だけでなく、それらの書類を予め用意をしておく事により、住宅ローン審査がスムーズに進む場合があります。

また、高率歩合制では、確定申告が必要な場合もありますので注意が必要です。