住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査基準について



住信SBIネット銀行の住宅ローン審査基準

住信SBIネット銀行

審査基準

審査金利3.25%(推定)
返済比率35%未満
最低年収350万円以上
勤続年数3ヵ月以上
派遣社員△ 原則可ですが個別の状況により判
契約社員△ 原則可ですが個別の状況により判断
産休育休△ ペアローンであれば可
勤務先の証明書と直近2年分の収入証明が必要
団信謝絶×
諸費用
ローン
○ 借入総額の金利の上乗せ(0.05%)あり
完済時
年齢
80歳未満

金利詳細内容

・全期間引き下げは基準金利より固定は年1.55%引き下げ。

・変動金利は年2.385%引き下げ。

・当初期間引き下げは 年1.75%~2.69%引き下げ。
 当初固定期間経過後は基準金利より年0.70%~年1.80%引き下げ。

・金利は、いずれも諸費用を含まず新規の借入の場合。

・全疾病保障の保険料無料。



このページの目次に戻る

住信SBIネット銀行のメリットとデメリット

住信FBI-NET NotePC
メリット
・全疾病保障が無料で付帯
・一部繰上返済手数料も0円
・申込から借入までネットで完結
デメリット
・審査に30日~45日程度の時間がかかる
・事務手数料が高い
・実店舗がない
・自営業や経営者への審査が厳しい
このページの目次に戻る

住信SBIネット銀行の住宅ローンの注意点

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は、審査申込から資金実行まで大よそ30日~45日程度の時間がかかります。

飯田グループホールディングスでは、完成した新築物件を契約すると、契約から残金決済(引渡し)まで3~4週間という、売主側の社内ルールがあります。
この社内ルールを5~6週間に延ばして欲しいと交渉しても受け入れでもらえません。
従って、飯田グループホールディングスの完成物件を契約する場合は、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用することが難しいので注意が必要です。

但し、建築中の物件であれば、契約から引渡まで1~2ヶ月以上の猶予がありますので、住信SBIネット銀行の住宅ローンでも間に合うことがあります。

契約する前に申込手続きの段取りしておくことで、稀に住信SBIネット銀行でも4週間以内に間に合うこともあります。
従って、完成物件で住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用したいという場合は、確実に間に合う都市銀行の住宅ローン審査も並行して申込みすることをお奨めします。

このページの目次に戻る



著書の紹介

こんな建売住宅は買うな
著書:『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎