住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査基準について



住信SBIネット銀行の住宅ローン審査基準

住信SBIネット銀行

審査基準

審査金利3.1%(推定)
返済比率35%未満
最低年収安定した収入がある人(目安:300万円以上)
勤続年数総合的な判断(目安:1年以上)
派遣社員△(総合的な判断)
契約社員△(総合的な判断)
産休育休〇(勤務先の証明書と直近2年分の収入証明が必要)
団信謝絶×
諸費用
ローン
○(総合的な判断)
完済時
年齢
80歳未満

※住信SBIネット銀行の審査基準は、公開されていない項目がありますが、過去の審査結果事例を元に基準を推定して数値化しました。



このページの目次に戻る

住信SBIネット銀行のメリットとデメリット

住信FBI-NET NotePC
メリット
・全疾病保障が無料で付帯
・一部繰上返済手数料も0円
・申込から借入までネットで完結
・ネット銀行だけど店舗がある

<店舗申込みの特徴>
店舗で申込みした方が金利が低い
店舗で申込みした方が審査が早い

デメリット
・審査に30日~45日程度の時間がかかる

店舗で申込むと1ヵ月以内で審査可能

・自営業や経営者への審査が厳しい
このページの目次に戻る

住信SBIネット銀行の住宅ローンの注意点

住信SBIネット銀行は、ネット経由で申込みすると審査申込から資金実行まで大よそ30日~45日程度の時間がかかります。

飯田グループホールディングス、ホークワン、ケイアイスター不動産などの新築を購入する時には、契約から残金決済(引渡し)まで3~4週間という、売主側の社内ルールがあります。
この社内ルールを5~6週間に延ばして欲しいと交渉しても受け入れでもらえません。
住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用する時には、ネット経由でなく店舗に直接出向いて申込みすることで、手続きが間に合うようになります。

但し、建築中の物件であれば、契約から引渡まで1~2ヶ月以上の猶予がありますので、住信SBIネット銀行の住宅ローンでも間に合うことがあります。

契約する前に住信SBIネット銀行の店舗で事前に相談しておくと、手続きがスムーズになります。
新築一戸建てを購入する時には、確実に間に合う都市銀行の住宅ローン審査も並行して申込みすることをお奨めします。

このページの目次に戻る


ゼロシステムズ バナー