クレジットカード画像

【 個人信用情報 】と【 住宅ローン審査 】

個人信用情報 と住宅ローン審査の関係とは?

住宅ローン審査において、 個人信用情報 は最も重要

クレジットカード、キャッシング、ショッピングローンなどを利用すると、金融機関や信販会社では、加盟している個人信用情報機関に、利用者の契約内容、支払状況、借入残高などの個人信用情報を登録します。
スマホ(携帯電話)は、本体を分割払いで購入した場合は個人信用情報機関に登録されます。
住宅ローン審査では、この信用情報機関から個人信用情報の提供を受けて、既存借入の返済状況や過去の延滞履歴などを確認します。
携帯電話の分割払い

個人信用情報 とは?

個人信用情報機関は3種類ある

個人信用情報機関には、CIC、JICC、KSCの3種類の機関があります。
①.CIC
主にクレジットカード会社や消費者金融などが加盟しています。
②.JICC
主に消費者金融から銀行まで多くの金融業者が加盟しています。
③.KSC
主に銀行(都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信用組合)が加盟しています。

もし、返済で延滞があると、これらの信用情報機関に、その情報が登録されます。
CICに加盟していない銀行であっても、住宅ローン審査では、「個人信用情報の開示に関する同意書」などの書面を、予め顧客から取得しますので、CICやJICCの信用情報機関から個人信用情報の提供を受けて住宅ローン審査をする事となります。
従って、住宅ローン審査では、金融事故や延滞情報などを見落とす事はありません。

住宅ローン審査に影響する、 個人信用情報 とは?

クレジット情報

61日以上延滞すると異動(金融事故)扱いになる

住宅ローン審査では、返済比率、勤務先、勤続年数など様々な項目を審査しますが、最も重要な審査項目は、個人信用情報です。
個人信用情報では、分割払いの返済日から2ヶ月(61日以上)または、3ヵ月以上の支払いの延滞があった場合は、『異動』と定義しています。
この個人信用情報で異動と記載される事が、一般に「ブラックリスト」や「金融ブラック」と言われる致命的な金融事故となります。
異動となるタイミングは、信販会社ごとで異なりますが、一般にショッピングローンやキャッシングの延滞では、61日以上、携帯電話の支払いの延滞などでは、3ヵ月以上で異動の登録がされると言われています。
例えば、勤務先が一部上場企業や公務員などで雇用の持続可能性が十分あり、年収に対する返済比率にも余裕があっても、個人信用情報に「異動」と記載がある場合は、住宅ローン審査の結果では、原則的に「否決」となります。
個人信用情報

異動があると住宅ローン審査は通らない

個人信用情報で「異動」と記載されますと、住宅ローン審査だけでなく、新規でクレジットカード作成やショッピングローンなどを組む事すら出来なくなります。
どこの金融機関の住宅ローン審査であっても、個人信用情報に異動の記録が残っていますと、原則、「減額」ではなく、「否決」となります。

各信用情報機関に規定されている登録期間

個人信用情報

異動は5年間消えない

この登録が消えるまでの期間とは、「異動」の記録が付いた債務(ローン)を「完済」してからの期間となります。
従って、債務を完済しないままでは、たとえ5年を経過しても、「異動」の記録は消える事がなく、いつまでも金融事故の記録が残る事となりますので注意が必要です。

異動や延滞の記録は訂正や削除する事は出来ない

一度、個人信用情報において延滞や異動が登録されますとその債務を完済して、各信用情報機関で規定されている登録期間が満了しなければ消す方法はありません。

61日未満の延滞も複数あると審査に影響する

個人信用情報における「異動」とは、返済日から2ヶ月以上、または、3ヵ月以上連続して返済の延滞が続いた場合のみ登録されるものです。
従って、例えば、返済日から数日遅れて返済するような61日未満の延滞が何度続いても「異動」となる事はありません。
このような61日未満の延滞が何度続いても「異動」とならないのであれば、住宅ローン審査では、小さな延滞は全く影響がないのか?
というと、そのような事はありません。

24ヶ月間の返済情報が記録されている

個人信用情報
個人信用情報では、現在返済中の既存借入など過去24ヶ月分の返済状況の詳細も記録されています。
従って、毎月約定日に返済がされていないという履歴も個人信用情報に記録として残ってしまいますので、頻繁に延滞を繰り返していた過去についても、住宅ローン審査では把握されてしまいます。
異動以外の延滞履歴を確認できた場合は、申込者の勤務先や返済比率などの内容から各銀行の判断によって住宅ローンの審査結果が異なりますので注意が必要です。
もしも、勤務先、勤続年数、返済比率などが審査基準ギリギリの人にとっては、異動以外の小さな延滞であっても、住宅ローン審査においては、致命的な否決の原因となる場合がありますので注意が必要です。
住宅ローン関連コンテンツ

有利な条件で 住宅ローン を組みたい


>各銀行の最新の住宅ローン金利 や優遇金利 ついてご紹介しています。

> 変動金利 と 固定金利 どっち がいいか?住宅ローン金利の選び方と注意点。変動金利と固定金利のメリットとデメリットについてご紹介しています。

みずほ銀行 や 三菱UFJ銀行 の >保証料型 と ローン取扱手数料型 の 住宅ローン の違いと選び方についてご紹介しています。

>国家公務員、地方公務員、防衛相( 自衛隊 ) 警視庁 の人は、共済 組合の住宅貸付制度や警信の 住宅ローン など有利な資金計画をご紹介しています。

住宅ローンの基礎知識

>頭金0円や諸費用も含めて 住宅ローン を組む場合のコツと注意点についてご紹介しています。

> 住宅ローン事前審査 を申込みするタイミングや注意点についてご紹介しています。

>勤続年数、産休育休、自営業者、会社員ごとで異なる 住宅ローン審査 で必要書類についてご紹介しています。

住宅ローン審査 が心配

返済比率、勤続年数、年収、産休育休の取り扱いなど各銀行の > 住宅ローン審査 基準 について紹介しています。

> 住宅ローン審査 に落ちる理由、審査が通りやすい 銀行選びのコツなど 住宅ローン審査 に関する基礎知識をご紹介しています。

ショッピングローンや携帯電話(スマホ)などの分割払いや延滞など> 個人信用情報と 住宅ローン の関係についてご紹介しています。

どの銀行なら住宅ローン審査が通りやすいかを > AI 住宅ローン審査 シミュレーションで簡単判定きます。