建売住宅のオプション工事

飯田グループの建売住宅は網戸などが
オプション工事

建売住宅のオプション工事

建売住宅のオプション工事と注意点

パワービルダーと呼ばれるローコスト新築分譲住宅は、物件の販売価格が安く抑えられている分、網戸などが別途オプション工事となり、標準装備されていない物件が多いです。

建売住宅を購入するときは、あらかじめ契約前にオプション工事となっている商品を確認しておかないと、後になって予想外の出費となることもあるので注意が必要です。

一般的な建売住宅では、以下の物は標準装備されていません。
  • ・網戸
  • ・2階シャッター雨戸
  • ・照明器具
  • ・カーテンレール
  • ・カーテン
  • ・テレビアンテナ
  • ・エアコン

これらはオプション工事として別途費用がかかるという前提で資金計画を考えておいた方が無難です。

こちらの記事も是非ご覧ください↓

【建売住宅】新築のオプション費用はいくら必要か?~別途オプション費用を住宅ローンに組込めるか?


仲介手数料無料で浮いたお金をオプション資金に

ゼロシステムズなら多くの新築建売住宅が、仲介手数料無料で購入できます。

仲介手数料が無料になれば、浮いたお金をオプション工事の代金にまわすことが出来るので、ワンランク上の生活を手に入れることができます。

仲介手数料無料に関して詳しくはこちら↓

仲介手数料無料で購入する方法 ~ 新築一戸建ての仲介手数料が無料になる仕組み

新築建売住宅のオプション工事例

以オプション工事の種類と価格相場についてご説明致します。

一般に新築建売住宅では、以下のものは別売りオプション工事となっている場合が多いです。
オプション工事/オプション商品は、予算や生活スタイルにあわせて買い足す必要が御座います。

●網戸
網戸
●シャッター
シャッター
●面格子
面格子
●カーテンレール
カーテンレール
●居室照明
居室照明
●テレビアンテナ
テレビアンテナ
●食洗器
食洗器
●キッチンのカップボード
カップボード
●エアコン
エアコン
*画像はイメージです

オプションの扱いはパワービルダー毎に異なります

以下は一例となります。
その他の工事に関しても、契約時に忘れずにご確認ください。

網戸
オプション工事が必要(標準装備されていない)

・アーネストワン、一建設、飯田産業、タクトホーム、アイディホーム、ケイアイスター不動産、ホークワン、ファースト住建

標準仕様に付帯

・東栄住宅

シャッター雨戸
オプション工事が必要(標準装備されていない)

・アーネストワン

・ケイアイスター不動産、ホークワン、ファースト住建

※ただし、準防火地域のエリアにある物件では、防火の関係で1階の腰高窓や2階の引違窓にもシャッター雨戸が標準装備されていることがあります。

標準仕様に付帯

・一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アイディホーム

※1階の掃き出し窓については標準装備
※腰高窓についてはオプション工事の場合があり

カーテンレール / テレビアンテナ

パワービルダー系の新築に限らず、多くの建売住宅では、カーテンレールとテレビアンテナは、オプション工事になります。

オプションの相場 (2021年3月)

網戸の相場
玄関以外の開閉部全てに取付 約10万円~15万円程度/全窓
※窓数によって前後します。
シャッターの相場
手動シャッター 腰高窓 約8万円~/一ヶ所
手動シャッター 掃き出し窓 約10万円~/一ヶ所
面格子の相場
ヒシクロス格子 腰高窓 約4万円~/一ヶ所
カーテンレールの相場
7窓程度に設置 約3万円~
居室照明の相場
8畳用 LEDシーリングライト 約1万円~
テレビアンテナの相場
地デジアンテナ 約6万円~
食洗器の相場
ビルトイン型 約25万円~
キッチンカップボードの相場
幅1,800㎜ 約20万円~
エアコンの相場
16畳用 約20万円~
6畳用 約8万円~

以上、ご参考にして頂けたらと思います。



ゼロシステムズ バナー