欠陥住宅 とまでは言えないけど・・・ ~ アーネストワンの新築一戸建てを住宅診断

こんにちは。
ゼロシステムズ代表の田中 勲です。
今朝は、お客様とアーネストワンの新築一戸建てを内覧にやって参りました。

ゼロシステムズでは、建物に問題などがないかを確認するため内覧時に住宅診断を行います。
もし、是正(修理)に手間がかかるような不具合を発見した場合は、その物件をおすすめせずに他の号棟や別の現場を検討するようにお話します。

今回の内覧では、お客様と床下や天井裏などを診て不具合がないかを確認しました。
この物件では、大きな不具合などはなく施工状況が良好な建物でしたのでお客様も安心されていました。

近年のアーネストワンの新築は、施工のマニュアル化が徹底しており、入居後に大きな問題となる床下の通気不良や断熱材の施工不良などは、ほとんど発見されることはなくなりました。

ただ、欠陥住宅とは言えないのですが、気になった点をお話しします。


内覧時に気になった点と、その理由

画像・テキストのクリック/タップで拡大します。

屋内リビングの一部に廃材が残置
屋内リビングの一部に廃材が残置されていました。

床や壁に養生に重たい構造用合板が立て掛けられていました
床や壁に養生しないで、重たい構造用合板が立て掛けられていました。

床や壁の様子
これでは完成後に表面上の傷や汚れが多い物件になってしまいます。

アーネストワンだけではありませんが、建売住宅の現場では、このような光景を時々見かけることがあります。

もちろん、「傷などは、欠陥住宅などの部類ではありませんので、完成後にリペアすれば良いでしょ。」と、現場監督や売主担当者に言われればそれまでですが、買主の立場でこのような光景を見たら、現場監理に疑念をいだかられて、引いてしまうかもしれませんね。

また、評判や口コミで書かれているような、引き渡し後の、傷、汚れ、隙間の類でトラブルになる原因になります。

そのようなトラブルを避けるためにゼロシステムズでは、引き渡しまでに合計4回の住宅診断を実施します。

もし、この物件でお話が進んだら、住宅診断だけでなく入念に傷チェックも行います。




アーネストワンの最新記事

アーネストワンの建売住宅を内覧・住宅診断  アーネストワンの特徴は??
こんにちは。 赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 本日は、お客様と一緒に内覧と住宅診断をするためにアーネストワンの新築一戸建てに行ってきました。 そこで、今回はアーネストワンの特徴をお話しさせて頂きます。 アーネ […]
YouTube:第365回
【耐震等級3の建売住宅の実態と注意点】
震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築
FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組: 『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』 第365回目放送分です。 耐震等級3の建売住宅の実態と注意点震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築 視聴者さまから […]
猛暑の夏に住宅診断すると手抜き工事を発見することが多い!?
本日も暑かったですね。車の外気温計は40℃です。地球温暖化問題を考えさせられてしまいます。猛暑の現場を住宅診断しますとミス工事や手抜き工事を多く発見する傾向があります。やはり暑すぎると職人さんや現場監督の集中力が低下する […]
YouTube:第358回 何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、崖崩れ、新築マンション欠陥問題
YouTubeチャンネルのご紹介  FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋 第358回 何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、熱海や西成の崖崩れ、フロリダのマ […]
建売住宅の売れ行きが好調に伴い建築工期が遅れる現象
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。本日は、アーネストワン(相模原市)の新築一戸建てを内覧立会い兼、建物診断を行いました。 広告図面上では、6月末に完成予定でしたが、実際に現場に来てみると、まだ、足場が […]
コンセントプレートが曲がっています・・・。
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。今回は、一級建築士の金子氏と、ケイアイスター不動産と、アーネストワンの新築一戸建ての建物診断(共に3回目)を行いました。 1件目 ケイアイスター不動産(横浜市) の […]