某大手パワービルダーの新築で欠陥住宅を発見 ~ 屋根裏の防火違反に注意

ゼロシステムズ代表の田中勲です。
今週は、防火違反の 欠陥住宅 を発見しましたので紹介します。
この防火違反は、新築分譲住宅を建物診断をしていると、ときどき発見する重大な欠陥のひとつです。
※売主の会社名を伏せさせて頂きます。

今回の防火違反の天井裏
【 欠陥住宅 】防火違反の天井裏

正しい施工例写真
天井裏 正しい施工例
恐らく、素人の方が見ても一目瞭然で違いが判ると思います。

浴室の点検口から天井裏の状況を確認した際に、本来、天井裏や小屋裏の壁面に施工されるべき石膏ボードの不燃材が未施工で防火違反の状態です。

これでは本来の防火性能がありませので、もし火災になった場合は火の回りが早くなる危険な 欠陥住宅 と言えます。
このような施工不良を是正するためには、一度、浴室を全て解体して石膏ボードを壁に貼る必要があります。

私どもで売主(施工業者)の一級建築士にこの防火違反を指摘したところ、お引渡しまでに是正する約束をとりつけることが出来ました。
これでお客様に防火違反の 欠陥住宅 をお引渡ししないで済みます。
買主様に状況をありのままご報告して予定通りご契約することになりました。

今回の売主は、真摯な対応で防火違反を是正して頂けるお約束をして頂けましたが、私どもでこのような指摘をすると、売主業者(いい加減な営業所や担当者の判断)によっては、是正を拒み、ご契約に至らないことがあります。

新築分譲住宅を内覧する時には、ぜひ、浴室点検口から天井裏を確認するようにしてください。

【欠陥住宅の事例】新築の建売住宅で発見した欠陥住宅事例と注意点

防火違反については、YouTubeでも解説しています

著書の紹介

こんな建売住宅は買うな
著書:『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎