飯田産業の新築一戸建を建物診断~工法の特徴などについてもご説明します

こんにちは。ゼロシステムズの野方実で御座います。
本日は飯田産業の新築一戸建(練馬区)の建物診断をいたしました。

今回の物件は建物完成が6月予定なので基礎工事が始まったばかりですが、住環境が良いエリアなので既に9棟中7棟が成約済みでした。











電磁波の測定や境界の確認を行った後。飯田産業の特徴などを設計図や仕様書でご説明させて頂きました。






飯田産業の特徴の一つに建物外周部を地震に強いパネルを使用しているので(IDS工法)、室内の間仕切壁を抜くことが出来るので間取りの変更がしやすいという特徴があります。

今回は水廻りや建材関係のプレゼンシートを売主から事前に取り寄せ出来ましたので、完成後のイメージも湧きやすかったかと思います。







尚、売主によっては網戸やカーテンレール、テレビアンテナなどがオプション設定されている事が多いので1回目の診断時にご説明させて頂きます。

著書の紹介