築1年 アーネストワンの新築 ( 建売住宅 )が震度4の地震で損傷 ~ 欠陥住宅 ? 保証は?

本日は、令和元年12月築の アーネストワン の 新築 ( 建売住宅 ) が震度4の地震で外壁材が損傷したとのことで 建物診断 をするため福島県に来ました。

破損の原因は、地震による揺れで架線が引っ張られてしまったようです。

建物側の金物が下地部分に固定していない 欠陥住宅 かと思い金物を直接手で揺さぶって固定状況を確認しました。

しかし、金物にガタつきはなく下地部分に固定されているようで、施工不良は確認できませんでした。

恐らく、地震で電線が大きく揺れて、外壁材の下地ごと引っ張ってしまい破損に至った様子です。

既に アーネストワン による応急処置が済んでおりましたが、まだ、 アーネストワン から本修理の連絡がなく目処が立たないとのことです。

雨水侵入がないかを非破壊検査で確認

入居者としては、外壁破損部分からの雨水侵入が心配とのことですので、周囲に雨水が侵入していないかを赤外線サーモグラフィーと含水率測定器を使って建物診断いたしました。

今のところ雨水侵入の形跡は有りませんでしたが、入居者の気持ちになると アーネストワン に早く修理して頂きたいです。

有償修理がという アーネストワン の見解

なお、震度4程度の揺れであっても地震による破損は、保証対象外となり無償でなく有償修理になると アーネストワン 側の見解です。

確かにアフターサービス基準書(保証書)には、地震は免責と記載はありますので、 アーネストワン 側の見解は間違いではありません。

ただ、 アーネストワン のCMでは、地震に強い家ということを謳っているのですから、震度4程度での損傷は無償で修理して頂きたい!というのが消費者側の本音でしょうね。

今に始まったことではありませんが アーネストワン は、建築工期と販売に関してはスピーディーですが、アフターサービスの対応は決して良いとは言えません。

ただ、私は、消費者側の気持ちだけでなく、売主側の事情の両方が分かります。

売主側の事情とは、ローコスト 新築 住宅 は、物件の原価を極限まで安くするために、十分なアフターサービスを実施するための予算が、そもそも価格に折り込まれていないということです。

今後、消費者側は、そのあたりも含めてローコスト 建売住宅 というものを理解して購入する必要があると改めて感じました。

アーネストワンの最新記事

新築後8年経過したアーネストワンの物件の状態とは? ~ 2013年にご購入いただいたお客様の家を住宅診断
赤外線建物診断2
8年前に売買したアーネストワンの新築を住宅診断 2013年に購入したお客様からメンテナンス相談 2013年にゼロシステムズを通じて仲介手数料無料でアーネストワンの新築をご購入したお客様から、メンテナンスについての相談が御 […]
アーネストワンの新築一戸建てを住宅診断 ~ 評判と口コミだけでは判断ではなく1棟1棟を見極める
1棟1棟を住宅診断して判断する ゼロシステムズ代表の田中勲で御座います。 今回は、アーネストワンの新築一戸建て2物件の住宅診断に行ってまいりましたので、その内容を紹介します。 ・1件目は、建物がほぼ完成した建築途中の現場 […]
アーネストワンの建売住宅を内覧・住宅診断 ~ アーネストワンの特徴は??
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。本日は、お客様と一緒に内覧と住宅診断をするためにアーネストワンの新築一戸建てに行ってきました。 そこで、今回はアーネストワンの特徴をお話しさせて頂きます。 アーネスト […]
【耐震等級3の建売住宅の実態と注意点】
震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築
FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』第365回目放送分です。 耐震等級3の建売住宅の実態と注意点震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築 視聴者さまからのご […]
猛暑の夏に住宅診断すると手抜き工事を発見することが多い!?
本日も暑かったですね。車の外気温計は40℃です。地球温暖化問題を考えさせられてしまいます。猛暑の現場を住宅診断しますとミス工事や手抜き工事を多く発見する傾向があります。やはり暑すぎると職人さんや現場監督の集中力が低下する […]
何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、崖崩れ、新築マンション欠陥問題
YouTubeチャンネルのご紹介  FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋 第358回 何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、熱海や西成の崖崩れ、フロリダのマ […]