【欠陥住宅の実例】
小屋裏や天井裏に隠れた欠陥『防火違反』

小屋裏や天井裏の防火違反

建物診断の専門家でなければ発見できない

実例 1
飯田産業(指摘前) 飯田産業(是正後)

小屋裏や天井裏を建物診断しますと、断熱材施工不良や石膏ボード施工不良の防火違反の物件をよく発見します。

不動産会社やハウスメーカーの営業マンは、「役所の検査(完了検査)に合格して検査済証が出ているから、欠陥住宅であるわけがない」と言いますが、そんなことはありません。

建築確認検査機関の検査では発見できない

事例 2
大宝建設埼玉(指摘前) 大宝建設埼玉(是正後)

建築確認検査機関の完了検査に合格して、検査済証が発行されている新築であっても、防火違反の欠陥住宅は数多く存在して、消費者だけでなく売主も気づかないまま世の中に引き渡されています。

完了検査では、建築確認申請どおりの配置、間取り、開口部、斜線制限で建築されたかのみの確認にとどまり、小屋裏や天井裏を覗き込んで施工状況を確認することはありません

従って、完了検査では、小屋裏や天井裏の施工が防火違反であっても検査済証が発行されてしまいます。

そのため、買主は知らずに引渡されて、防火違反の住宅に住み続けることとなります。

万一、火災になった場合、健全な住宅と比較すると火の回りが早い非常に危険な欠陥住宅と言えます。

サイディングボードの注意点

実例 3
東栄住宅(指摘前) 東栄住宅(是正後)

一般に多くの一戸建ての外壁材は、サイディングボードが採用されています。
しかし、サイディングボード単体では、30分耐火の認定が取れない場合が多いのです。

一般に、外壁の室内側に石膏ボードを施工して、このセットで30分耐火として建築確認申請をされています。

従って、ユニットバスの天井点検口や小屋裏点検口から覗いて、外壁の裏側面を目視して、石膏ボードが施工されていなく、外壁材の裏面や断熱材が見えている場合は、防火違反の欠陥住宅と診断できます。

ただし、外壁材がサイディングボードであっても、構造材としてダイライトやモイスという構造用面材と断熱材がセットで施工されていれば、その構造用面材が石膏ボードの代わりとなり30分耐火と認定されますので石膏ボードの施工が不要となります。

22条区域や準防火地域は30分耐火が必須

実例 4
タクトホーム(指摘前) タクトホーム(是正後)

建築基準法22条区域や準防火地域では、この30分耐火の施工が必要となります。
逆に、法22条区域や準防火地域でなければ、この30分耐火の施工は不要となります。

しかし、新築一戸建て が建築されている多くの地域では、法22条区域または準防火地域の指定がされています。
従って、ほとんどの新築一戸建て では、天井裏や小屋裏にも石膏ボードの施工が必要となります。

不動産会社や売主の営業マンは、このような天井裏や小屋裏の防火違反についての知識はありませんので、私どもから指摘しても全く話は通じません。

なぜ、防火違反の住宅が造られるのか?

実例 5
ホームポジション(指摘前) ホームポジション(是正後)
実例 6
三栄建築設計(指摘前) 三栄建築設計(是正後)

原因
 ・売主(施工業者)側の知識不足
 ・工期短縮のための手抜工事

防火違反は、建築確認検査機関による完了検査で指摘されることはないため、売主や施工会社でも知らずに防火違反の欠陥住宅を建築していることも少なくありません。

また、工期短縮のために、手抜き工事で防火違反となっている新築一戸建てもあります。

私どもで建物診断をして、この防火違反を売主や施工業者に指摘しても、多くの場合、「当社は、いつもこの施工方法で完了検査で指摘されたことはないので問題ないはず!」と言われ、是正を拒まれることも少なくありません。

発見した場合は契約中止も選択肢

買主がご契約する前の建物診断で、この防火違反を発見した場合は、ご契約の中止を助言することも、しばしば御座います。

もし、防火違反を売主側で是正すれば購入したいという買主側の意向があれば、売主に防火違反の是正を依頼します。

ただ、契約前に、このようなことを指摘すると、契約を拒絶する売主もいます。

売主は是正に手間と費用がかかる

実例 7
プラスアルファ(指摘前) プラスアルファ(是正後)

防火違反を是正する工事が、実は結構大変なのです。

ユニットバス周囲の外壁の裏側に石膏ボードを施工する場合は、一度、ユニットバスを解体する必要があります。

せっかく綺麗に出来上がったバスルームを解体するのですから、売主は、手間と費用が掛かります。

また、小屋裏(屋根裏)の外壁の裏側部分に石膏ボードを施工する工事も、人が入れない小屋裏の場合は、一度、天井を解体する必要があります。

このように防火違反を是正するには、手間と費用がかかることになります。

当サイトで紹介している売主(施工業者)は、私どもで防火違反を指摘したことにより、誠実に是正工事して頂けました。




ゼロシステムズ住宅診断の日誌

ゼロシステムズで仲介をご依頼のお客様には、無料で専門家による住宅診断を実施しています。


【木造住宅の耐震性能】
地震に強い家と弱い家の見極め方
耐震-比較
日本は日常的に地震が起きる国 日常的に地震が起きる可能性のある日本に暮らす以上、住宅購入の際に留意していただきたいことのひとつが『耐震性』です。 ここでは、地震に強い家と弱い家の見極め方、その基準や自分でできるチェックの […]
飯田グループ等のパワービルダーと
地元業者の建物仕様の違いは?
赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は、飯田グループホールディングス(アーネストワン/タクトホーム/一建設/飯田産業/東栄住宅/アイディホーム)や、ケイアイスター不動産、三栄建築設計などを代表するパワービルダ […]
建売住宅のアタリとハズレを見分けるポイント
~付け框の納め方など
赤外線住宅診断技能師の野方実で御座います。 今回は、建売住宅のアタリとハズレを見分けるポイントとして、住宅診断や内覧などで玄関に入った時に、一番最初に目がいく所、玄関の『付け框』の解説と併せて、 ここ数日で行いました住宅 […]
梅雨時期に着工している物件の注意点
~ヤマダホームズと誠賀建設の住宅診断
赤外線住宅診断技能師の野方実で御座います。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 梅雨時期になりますと予定より工期が遅れている物件が多く、販売図面などに〇月引渡しと記載されていてもその通りにならない場合 […]
長期優良住宅認定制度とは?
~東栄住宅の建物は長期優良住宅の認定を受けています
東栄住宅の建物は長期優良住宅 赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は東栄住宅(さいたま市)・タクトホーム(鶴ヶ島市)の新築一戸建2件の建物診断を行いました。 東栄住宅の建物は、飯田グループホールディングスで唯 […]
住宅性能評価を受けていない物件の耐震性は?
~飯田グループの耐震等級について
赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回はホークワンと飯田産業の新築一戸建2件の建物診断を行いました。 飯田グループの住宅性能評価 今回診断した飯田産業の物件ですが、 飯田グループホールディングスの建物は、ここ数 […]

新築一戸建ての仲介なら
ゼロシステムズにお任せください

仲介手数料と住宅診断が無料

仲介手数料無料 + 住宅診断も無料で購入

ゼロシステムズなら新築一戸建てが
仲介手数料が最大無料+専門家による住宅診断も無料で購入できます!
気になる物件を、安心お得に購入するなら、仲介はゼロシステムズにお任せください!