アーネストワンの新築一戸建てを住宅診断 ~ 評判と口コミだけでは判断ではなく1棟1棟を見極める

アーネストワン の新築一戸建て( 横浜市 )の住宅診断

今回は、アーネストワンの新築一戸建て2物件を住宅診断について説明します。
1件目は、建物がほぼ完成した建築途中の現場。
2件目は、まだ更地の未着工の段階の現場です。

外部の確認

アーネストワン の新築一戸建て( 横浜市 )の住宅診断
外構工事途中

外部の確認では、隣接地からの越境物、境界標、道路、基礎などを確認します。
基礎コンクリート施工にクラック(ひび割れ)を発見した場合は、そのクラックの程度を計測します。
クラック幅が0.3㎜を超えて、深さが内部の鉄筋まで達している可能性がある場合は、基礎の欠陥と判断することがあります。
この物件では、そのような欠陥は、一切なく適切に施工された基礎でした。

内部の確認


フローリングに傷を発見

内部の確認では、完成している物件であれば、表面上の傷、汚れ、スキマなどが無いかもチェックします。
アーネストワンに限らず多くの建売住宅では、引渡し後に発見した傷、汚れ、スキマなどは、現況優先となり補修してもらえません。
ただし、立会い検査の時に発見した、傷については、原則、お引渡しまでにアーネストワン側で補修して頂けます。
そのため、後になってお客様と売主でトラブルにならないように、私どもの住宅診断では、構造的な欠陥だけでなく表面上の傷、汚れ、スキマなどもチェックします。
フローリングにいくつか傷を発見しましたがリペアで補修できる程度で問題ないレベルでした。

床下の確認


床下の施工状態

床下の確認では、通気、湿気(含水率)、断熱材、鋼製束の緩み、残置物の有無などの確認をします。
アーネストワンの物件に限らず、建売住宅では、基礎外周部のモルタル化粧仕上げの施工不良により、基礎パッキンの通気が塞がれている物件が時々あります。
そのような物件では、床下の通気が十分に行えず、床下の木部の含水率が高い場合があります。
今回の物件では、基礎パッキンの周囲から外部の光が見えていますので、適切に通気ができていることになります。

天井裏の確認


天井裏の施工状況

天井裏を確認するときには、ユニットバスの天井点検口から覗き込んで確認します。
アーネストワンの構造体には、ダイライトとモイスという構造用面材が採用されています。
この場合は、サイディング+ダイライト(モイス)+断熱材の3セットで30分耐火が取れます。
天井裏からは、部屋から見えない部分にも適切に施工されているかを確認します。
この物件は、天井裏にも適切に断熱材が施工されていました。

外構工事の確認

角地で陽当と住環境が良好な物件

アーネストワン の 評判や 口コミをネットで検索すると様々な書き込みを散見できますが、住宅診断をする立場から見ると、確かに評判や口コミどおり現場を発見することもあれば、逆にとても施工状態が良い物件の時もあります。

住宅購入を検討するときは、ひとくくりに会社名で判断するのではなく、1棟1棟を住宅診断して判断する必要があると私どもでは考えます。

そのためにゼロシステムズでは、完成物件であれば、現地見学~お引渡しまで合計4回未完成物件では合計6回の建物診断を実施します。



このページの目次へ戻る


アーネストワン の新築一戸建て( 相模原市 )の住宅診断

未完成の新築現場の確認

アーネストワン の新築一戸建て( 相模原市 )の住宅診断


相模原市の物件は、未着工物件ですので、まだ、現時点では住宅診断は出来ません。

未完成の新築現場を確認するときには、道路と宅地の高さの確認をします。
道路よりも宅盤が低い場合は、降雨の際に道路から宅地に雨水が流入してくる可能性があるので注意が必要です。

境界と越境の確認


隣地境界の確認

未完成の新築現場に限らず、土地を調査するときには、境界と越境の有無などを確認します。
古い住宅が隣接地にある場合は、隣の建物の雨どい、軒、ブロック塀などが敷地内に越境していることがありますので注意が必要です。
今回の物件では、越境などなく問題ありませんでした。

電磁波の確認


ゼロシステムズの住宅診断では、送電線や高圧線から発生する電磁波(磁場)の測定を行ないます。
また、後日ご契約までに市役所、法務局、水道局などに出向きインフラや法的に問題がないかを確認のために物件調査を行います。

今後予定通りご契約した場合、ゼロシステムズでは、お引渡しまで数回にわたって、住宅診断を行うことになります。 



このページの目次へ戻る



建売住宅・欠陥住宅 1分間セルフチェック

購入しても良い物件かセルフ診断

新築一戸建ての購入を決断するときには、「前もって何を確認しておかなければならないか?」など不安に思っている人は少なくありません。

建売住宅1分間セルフチェック

建売住宅の立地環境を中心にセルフチェックできます

欠陥住宅1分間セルフチェック

建物に欠陥がないかを中心にセルフチェックできます

この「1分間セルフチェック」に記載されている該当事項をチェックするだけで、購入指数、注意事項、確認方法などが表示されます。

状況に応じて購入指数で数値化されますので、ご購入しても良い物件か否かを判断しやすくなります。
ぜひ、お役立てください。

このページの目次に戻る

アーネストワンの最新記事

アーネストワンの新築一戸建てを住宅診断 ~ 評判と口コミだけでは判断ではなく1棟1棟を見極める
アーネストワン の新築一戸建て( 横浜市 )の住宅診断 今回は、アーネストワンの新築一戸建て2物件を住宅診断について説明します。 1件目は、建物がほぼ完成した建築途中の現場。 2件目は、まだ更地の未着工の段階の現場です。 […]
アーネストワンの建売住宅を内覧・住宅診断 ~ アーネストワンの特徴は??
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。本日は、お客様と一緒に内覧と住宅診断をするためにアーネストワンの新築一戸建てに行ってきました。 そこで、今回はアーネストワンの特徴をお話しさせて頂きます。 アーネスト […]
YouTube:第365回
【耐震等級3の建売住宅の実態と注意点】
震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築
FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』第365回目放送分です。 耐震等級3の建売住宅の実態と注意点震度4で外壁が損傷/柱の長さが足りていない新築 視聴者さまからのご […]
猛暑の夏に住宅診断すると手抜き工事を発見することが多い!?
本日も暑かったですね。車の外気温計は40℃です。地球温暖化問題を考えさせられてしまいます。猛暑の現場を住宅診断しますとミス工事や手抜き工事を多く発見する傾向があります。やはり暑すぎると職人さんや現場監督の集中力が低下する […]
YouTube:第358回 何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、崖崩れ、新築マンション欠陥問題
YouTubeチャンネルのご紹介  FM76.7MHzフラワーラジオレギュラー番組不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋 第358回 何を信じて買えば良い?不動産業界モラルハザード、熱海や西成の崖崩れ、フロリダのマ […]
ウッドショック ~ 建売住宅の売れ行きが好調に伴い建築工期が遅れる現象
こんにちは。赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。本日は、アーネストワン(相模原市)の新築一戸建てを内覧立会い兼、住宅診断を行いました。 広告図面上では、6月末に完成予定でしたが、実際に現場に来てみると、まだ、足場が […]