飯田グループホールディングス『損失飛ばし』報道で株価急落
飯田産業とファミリーライフサービスは大丈夫か?

飯田グループホールディングス『損失飛ばし』報道で株価急落
~飯田産業とファミリーライフサービスは大丈夫か?~

2回クリックで再生します

YouTubeチャンネル
今週放送の動画をご紹介

FM76.7MHzフラワーラジオ にて毎週放送!
レギュラー番組:『不動産せんせい田中の教えて!不動産の知恵袋』
第392-2回目(2022年1月27日放送分 後半)となります。

今回の話題

不動産に関連した気になるニュースを2件ご紹介します。

① 飯田グループホールディングス『損失飛ばし』報道で株価急落
 飯田産業とファミリーライフサービスは大丈夫か?

② タワマンから戸建てへ…流れは変わるか
 テレワークでの不都合管理費・修繕積立金の値上げ

以下は、動画の内容に関連した情報です。
より詳しく知りたい方は、是非動画をご覧ください。



飯田グループホールディングスの株価が急落

損失飛ばし疑惑と取締役の辞任

「損失飛ばし」疑惑が材料視

飯田グループホールディングスが急落。
一部メディアが23日、同社が「損失飛ばし」をしていた疑惑があると報じたことが材料視されているようだ。
記事によれば、同社傘下の飯田産業の元社長で同社取締役でもあった千葉雄二郎氏が2021年12月7日に突然辞任したことなどが関連しているとしている。
株価は報道を嫌気した売りが優勢となっている。

出典:Yahoo!ファイナンス – 飯田GHD-急落 「損失飛ばし」疑惑との報道を材料視か

ネットニュースの速報でスクープ

この『一部メディア』というのを調べてみたところ、1月23日付 FACTA – online – の号外速報で、
『スクープ 売上収益1・4兆円の飯田GHDで「損失飛ばし」疑惑/中核 飯田産業社長が突如辞任』
というタイトルの記事を発見しました。

売上収益1・4兆円を誇るパワービルダー最大手、飯田グループホールディングス(以後、飯田GHD)の深部で「某重大事件」が進行している。
兆候ともいえる動きがあったのは昨年12月7日のことだ。
取締役陣の1人である千葉雄二郎氏(67)が突然辞任したのがそれだ。
理由は一身上の都合とされた。
千葉氏は東京大学を卒業して安田火災海上保険に入社。
飯田GHD傘下の中核企業、飯田産業には1999年に社長室長として中途入社した。
以後、2002年に執行役員、04年には取締役とトントン拍子に出世。
経営企画部長などを歴任し、管理畑を一貫して歩むこととなる。
そして19年4月に社長へと昇格。同年6月には持ち株会社である飯田GHDの取締役ともなった。
今回、千葉氏は飯田GHDの取締役とともに飯田産業の社長職も辞任している。
この突然の辞任劇の背景として一部で囁かれ始めた「損失飛ばし」疑惑がある。

出典:FACTA – online – スクープ! 売上収益1・4兆円の飯田GHDで「損失飛ばし」疑惑/中核「飯田産業」社長が突如辞任

今回の疑惑を時系列にして整理

  • ・12月 7日:千葉氏が取締役を辞任
  • ・12月10日:ニュースリリースで辞任を発表
  • ・12月27日:ニュースリリースで
     『元役員が在任中に不適切な企業融資を行っていた事実が判明しました。
      当該元役員に対し民事上、刑事上の法的責任を徹底追及することといたしました。』と発表
  • ・1月23日:FACTA出版社により『損失飛ばし』疑惑として報じられる
  • ・1月24日:ニュースリリースで、飯田グループホールディングスとしてのコメントを発表

出典:飯田産業 – 12/10 ニュースリリース(PDF)
出典:飯田産業 – 12/27 ニュースリリース(PDF)
出典:飯田グループホールディングス – 1/24 ニュースリリース(PDF)

『損失飛ばし』とは

損失の出ている有価証券を、買い戻し条件付きで時価とかけ離れた値段で第三者に転売することをいいます。
保有している株式や債券が値下がりして、含み損がバランスシートに載ることを嫌う企業が、決算期の異なる企業を相手に、後日の引き取りを条件に時価より高い値段で売却することを指し、粉飾決算の一種とも言えます。
現在は証券取引法で禁じられています。

出典:auカブコム証券 – 飛ばし

家の売買は信頼が大切

上層部の不祥事は購入者と社員にとって迷惑

家の売り買いは、高額の取引となりますので、信頼が大切です。
今回の疑惑は、飯田グループホールディングスの企業としての信頼が損なわれ、イメージダウンに繋がります。

このような事件や疑惑があると、飯田産業やファミリーライフサービスで普通に働いている社員の人たちと、その家を買ったユーザーが迷惑を被ってしまいます。

信頼回復の余地はあります

今回は経営的な不正の事件(疑惑)です。
欠陥住宅や違法工事についての事件ではありません。
現場で堅実に良い家を建てていけば、信頼回復できる余地はあるかと思います。

1件1件を見極めて購入することが大切

これから家を買おうとする人は、会社名やイメージにとらわれること無く、不具合や欠陥などが無いか、1件1件を見極めて購入することが大切です。
このようなニュースに惑わされることなく、冷静な目で物件を見極めて検討しましょう。

飯田産業の新築の特徴と不具合事例

飯田産業の新築の特徴と不具合事例~ 住宅診断をする立場からみたIDS工法 ~

大手パワービルダー各社の特徴↓

【パワービルダー各社の特徴】飯田グループ・ケイアイスター・ホークワンなど10社を解説


タワマンから戸建てへ…流れは変わるか

テレワークの普及で色々と不都合が多い。

タワマンは都心か、その周辺部に多い忙しい人向きの住まいだ。
彼らは本来あまり自宅には滞留しない人々だった。
それがテレワークでにわかに自宅にいる時間が長くなり、不都合に気付いてしまう。

タワマンの戸境壁は薄い。
普通のマンションなら戸境壁は鉄筋コンクリートの躯体になっている。
しかしタワマンは乾式壁と言って、石膏ボードに遮音材を挟んだような建材が使われている。これでは必然的に隣戸の生活音が聞こえてしまう。

また地震になるとよく揺れる。
高層階なら、地震が終わった後でも揺れがしばらく続く。
これに不安を抱く人も多い。

コロナ以前の「寝に帰る」だけだったら、エレベーター待ちのイライラも、どのボタンを押すかで微妙に感じる階数ヒエラルキーに対しても、わりあい無頓着でいられた。
それが妙に気になるようになる。

出典:Yahoo!ニュース – タワマンから戸建てへ…流れは変わるか テレワークでの不都合管理費・修繕積立金の値上げ

タワーマンション52階を利用してみた感想

ゼロシステムズでは、2年ちょっとの短い期間ですが、タワマンの52階の1LDKを事務所として利用していました。 その経験からお話します。

隣の部屋との壁が薄く生活音が聞こえる

記事にはタワマンだと、隣の部屋との壁が薄いので、日中は、嫌でも生活音が聞こえてしまい、場合によってはくしゃみの音すら漏れてくる。
と書いてありましたが・・・

殆ど気になりませんでした。

それよりも、52階だったので外からの風圧が凄くて、窓を閉めていても換気口からの吸気音が大きくて、生活音よりもそっちの音の方が耳について気になりました。

地震になるとよく揺れる

地震になるとよく揺れる。高層階なら、地震が終わった後でも揺れがしばらく続く。これに不安を抱く人も多い。
と書いてありましたが・・・

これは、『長周期地震動』と言って、タワマンや高層ビルだと仕方ない揺れ方です。
これが嫌だったら、そもそもタワマンには住まない方が良いです。

『階数ヒエラルキー』はあるのか

テレワークで、ずっと自宅にいると、エレベーターを使う機会も多くなり、どのボタンを押すかで微妙に感じる階数ヒエラルキーが気になる。
と書いてありましたが・・・

そんな細かいことを感じるくらいだったら、タワマンには住まない方が良いと思います・・・。

自分に合っているかを確認してから購入した方が良い

タワマンに憧れている人も多いと思いますが、いきなり買うのではなく、一度、お試しで、タワマンを賃貸で借りてみて、自分に合っているかどうか?を確認してから、購入した方が良いと思います。

結果、私には、タワマンは合わないな・・・。と、思いました。

マンション購入に関する記事はこちら↓

中古マンション購入 アタリとハズレの見分け方~ 修繕履歴 / 給排水管 / 修繕積立金 などチェック方法 ~



このページの先頭に戻る


飯田グループホールディングスの記事

建売住宅の見極め方
~ 高い物件と安い物件の違い / 分譲会社で異なる品質の差
建売住宅の見極め方 価格が高い物件と安い物件の違い / 分譲会社で異なる品質とグレードの差とは? 2回クリックで再生します 目次 – 建売住宅の見極め方 ・建売住宅とは ・建売住宅の種類と特徴 ・売主の種類と […]
飯田グループホールディングスのロシア木材企業買収が経済制裁の影響を受けて暗雲
飯田グループホールディングスがロシア木材企業買収したが地政学リスクで暗雲 ~新築一戸建の価格が高騰する恐れ~ 2回クリックで再生します YouTubeチャンネル 今週放送の動画をご紹介 FM76.7MHzフラワーラジオ […]
飯田グループホールディングス『損失飛ばし』報道で株価急落
飯田産業とファミリーライフサービスは大丈夫か?
飯田グループホールディングス『損失飛ばし』報道で株価急落 ~飯田産業とファミリーライフサービスは大丈夫か?~ 2回クリックで再生します YouTubeチャンネル 今週放送の動画をご紹介 FM76.7MHzフラワーラジオ […]
基礎コンクリートの強度測定のタイミングについて
~タクトホームの新築一戸建てを住宅診断 ~
こんにちは。 赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は飯田グループホールディングスの中の一社であるタクトホームの住宅診断を行いました。 今回の物件では、外構工事が一部未完成だったため、この時点だからこそできる、 […]
この時期の完成物件では壁紙の隙間が多く見られます
– アイディホームの新築一戸建てを住宅診断 –
アイディホームの新築を住宅診断してきました こんにちは。 赤外線建物診断技能師の野方実で御座います。 今回は、飯田グループホールディングスの一社である、アイディホームの新築一戸建てを住宅診断してまいりました。 仲介手数料 […]
飯田グループやケイアイスターの新築を買ったら住宅ローン控除0.7%では、いくら減税されるかを計算。
2022年に飯田グループやケイアイスターの新築を買ったら住宅ローン控除0.7%では、いくら減税されるかを計算 – 長期優良住宅と省エネ基準適合住宅の違い – 2回クリックで再生します YouTub […]